失っても あの日の薔薇の美しさを忘れられない / 霜月はるか「un secret」【感想】

オトメイトより発売された『薔薇に隠されしヴェリテ』をフルコンした。

薔薇に隠されしヴェリテ - PS Vita
 

1周目(私はルイ14世√)は紛うことなき神ゲーなんだけど、2周目からのスキップ機能が馬鹿みたいに使いづらく、他5人の攻略は諦めてトロコンにのみ専念した。
それでも7時間かかったぞ。
ルイ14世ラファイエット卿、フェルゼン伯爵にロベスピエール、ダントン。
攻略対象は全員大好きと言い切れるレベルで好き。
その好感度を上回る勢いでゲームに対する苛つきが募るのが残念すぎる。
トロフィー画像が繋がるとことか、ベルサイユ宮殿を探索出来るミニゲームとか、細かい所は好きなんだけどな。
乙女ゲーという媒体以外で、このキャラ達と出会いたかったです。
まあ、買った理由の第一はOPの製作者が知りたかったからだから、ゲームの仕様に文句を言うのは筋違いかも。
ただこれからプレイする人は、誇張抜きでかなり疲れることを覚悟しておいた方がいい。

映像製作者は、小畑敦彦&安藤徳志(ODDAC)で
イチカラムの前作『華ヤカ哉、我ガ一族』シリーズから続く製作者達。

un secret

un secret

  • provided courtesy of iTunes

霜月はるかun secret』 作詞:日山尚 作曲:霜月はるか 編曲:myu  

主題歌のCD自体は、霜月はるか好きなこともあって発売当時に買っていた。
フルコンした今聴き返しても、やっぱり素敵だ。
チェンバロを主軸とした宮廷音楽風のワルツに、薄氷を踏むように踊る霜月はるかの歌声。
ただ映像で使われているスチルは、ほぼ共通ルートで出るギャグ寄りテイストの展開のものなので、OP詐欺ゲー感を感じなくもない。
そこまでシリアスな雰囲気じゃなかったくせに!?みたいな。
後半はギロチン処刑されまくりの、ドシリアスなフランス革命展開だったから、余計に宮殿は和みの場だった印象が強い。
間違っちゃいないんだけど、釈然としなかったり。

映像は、とにかくCGの艶めきが印象的。
宮殿内の鏡の間のシャンデリア、小瓶が砕ける破片、ピアノの黒檀。
想像だけど、CGは安藤徳志(ODDAC)の方の仕事じゃないかな?
次のイチカラム作品のOPも、この二人が手がけるだろうし、すごく楽しみ。

それと歌詞について。
ゲームに触れる前はラストサビ『失っても あの日の薔薇の美しさを忘れられない』の薔薇は栄華のことだと思っていた。
ヴェルサイユ宮殿で、マリーアントワネットとして過ごした栄華の象徴。
ただ今作をプレイして、間奏『零れてゆく想いのように 剥がれてゆく花びら』を聞くと、見当違いもいいとこだったと思うよ。
想い=花びらなら、花開いた薔薇は、攻略対象への愛に他ならない。
一輪の薔薇が見つめていた かりそめの刻』が表しているのも、短期間とは言え正体を隠し続けたまま、相手を恋慕っていた主人公の切なさだろう。
(リーゼがそんな繊細さを持ち合わせた主人公じゃなかったのはさておき!)

ただ本編に沿って考えるなら、『あの日の薔薇』は、かつて主人公がマリーアントワネットにプレゼントした薔薇のことになる……?
え、『薔薇に隠されしヴェリテ』って百合ゲーでした?
だったら私はリーゼ×ランバール夫人を強く推します。