バランスのいい透明感 アニメ「信長の忍び」主題歌 連華「徒桜」単曲感想

・連花「徒桜」/ アニメ「信長の忍び」主題歌
徒桜

徒桜

  • 蓮花
  • J-Pop
  • ¥250

だれも かれも 独り 碧色の涙を 纏った 徒桜 

オーソドックスな和風アニソンメロディーながら、ボーカルの歌声と、ストリングスの響きによる強い透明感が独特。
この声だからこそ「我らは 孤独」や「解っていた…「蛍」のような 儚さ」という脆いフレーズが際立っている。
戦国時代を信長の忍びとして生きようとした、主人公:千鳥の人間性がこの歌詞からだけでも掴めるような。
それに加え、アレンジに用いられている楽器の、ボリュームバランスがすごく良い。
特にしびれたのはラストサビの後半で、ピアノがグッと前に出るところ。
バックのエレキとドラムが、盛り上げつつもうるさくない。
こういうのは編曲者よりも、レコーディングエンジニアの腕が素晴らしいと言うべきなのだろうか。
配信限定音源(もしくはコミケ限定CDも化)なので、生音収録ではなさそうだけどね。
とにかく音のさじ加減が好きだなと思うし、聞き疲れしないところが良かった。