3年間全10曲の集大成 アニメ「K RETURN OF KINGS」13話ED angela「KIZUNA TV.size」一曲感想

f:id:iroribatadanngisitu:20160107224244j:image

 
angelaKIZUNA TV.size
KIZUNA TV size

KIZUNA TV size

目一杯 燃やせ 生命を サヨナラにかえないでよ 行かないでよ 誓う絆

アニメ「K RETURN OF KINGS」最終話にて披露された配信限定楽曲 angelaKIZUNA TV.size
「K」本編を見てないくせに、「エンドロールが流れないように 精一杯 Fight 戦ったんだろう」で
嗚咽混じりになるほどガチ泣きしてしまった。
終わったのだ。
3年間TVアニメ2クールと劇場版を通して描かれたアニメ「K」というシリーズのエンドロールがこの曲なのだと思った。
 
angelaがこのシリーズに提供してきた楽曲は数えてみると10曲にも及ぶ。
・「KINGS」  1期 OP
・「冷たい部屋、一人」 1期 ED
・「いつかのゼロから」  イメージソング、第2話挿入歌 
・「境界線Set me free 」 イメージソング 
・「-レクイエム・オブ・レッド- 」 1期 最終話 挿入歌 
・「To be with U!」  1期 最終話ED
・「This is LOVE 」 PSP用ソフト『学園K -Wonderful School Days-』OP
・「春夏秋冬」  PSP用ソフト『学園K -Wonderful School Days-』ED
・「Different colors」 映画『劇場版 K MISSING KINGS』主題歌
・「アシンメトリー」 2期 OP (堀江由衣への提供)
 
そしてその11曲目、3年間全10曲の集大成であるのが2期最終話ED「KIZUNA」なのだろう。
 
イントロからもうすごく「K」っぽいメロディーでここでもう涙腺が緩む。
空間の広がりを感じさせるような電子音。懐かしいとすら思えた。
それでいて何より泣かせにきているのが随所にキーワードが散りばめられた歌詞である。
君にキスを 僕にキスを」は1期OPで歌っていた「search and kiss and destroy」と
2期OPのワンフレーズ「君にキスを」からきているのだろうし
君というかけがえのない 代わりのいない 大切な色」は
劇場版主題歌の「Different colors my color your color」を彷彿とさせる。
「K」において大きなモチーフとなっていた「色」と「炎」への言及も
上記の「限界を突破して 全開で圧倒した 目一杯燃やせ生命を」で完璧といってもいい。
 
3年間続いた一大シリーズを締めくくるに相応しい楽曲だと、胸を張って言える出来だろう。
本当に、本当にありがとうと言いたい。3年間もの間、ずっと楽しませ続けてくれてありがとう。
2012年にプロモーションビデオを見た時のわくわく感や、1期OPを聴き終えた時の高揚感。
アニメ本編は見ていなかったものの、ずっとこのシリーズを気にかけていたのは
「K」の世界の一端を、いつもangelaが鮮やかに見せつけてくれていたからだ。
 
「K」関連のキャラソンを除く楽曲において、angelaが関わっていない楽曲はたった1曲、2期ED:カスタマイZ」だけである。
そんな彼らと今曲のコーラスで共演する、という粋なはからいにも痺れた。
アニメ本編のファン、angelaのファン、カスタマイZのファン。
3者へのファンサービスというものを本当によく分かってる。
 
さらに恐ろしいのは、この「KIZUNA」はTV sizeということだ。
まだ2番の歌詞と間奏とラストサビとCメロとアウトロを聞いていないのに、この悶えっぷり。
2016年夏に発売予定と発表された新アルバムに、きっとFull.verが収録されるとは思うので、心底楽しみに待っている。