どこにいてもいいの ビートがあれば E-girls「Dance Dance Dance」感想

 

Dance Dance Dance

 

 

個人的お気に入り度 4.5 / 5


Mステで聞いてから、気になっていたダンス・ナンバー。
表題曲ももちろん良かったし、何よりCP曲も良かったので評価は4.5。
ダンス・ミュージックという範囲のなかで、上品な雰囲気でまとめている所がかなり好み。
しかしこのジャケットのセンスはどうなんだ…格好いいか、これ?
怪しい宗教団体ポスターの匂いすら感じるぞ。

 

 

.Dance Dance Dance

アレンジが変化しまくるダンス・ミュージックなので聞いていて飽きない。
その変化の幅がただ騒がしいだけでなく、艶やかしくも穏やかに上下するのが好印象。
上品なクラブ系とでも言えばいいのだろうか。
歌詞カードが黒地に紫のネオンサイン字で書かれているのだが、そんな雰囲気。
踊りだしたくなるというよりは、ただ聞いてるだけで心地いい。
ABメロはハンドクラップや単音のギターでシンプルにまとめつつ、
サビで一気にエモーショナルな音が広がるところが好きだ。


2.Hey You!

これまた結構好きな曲である。
ゴリゴリの電子音を随所にのぞかせつつ、サビの音は少なく簡素なところがいい。
全体のメロディーも切なさを感じさせる仕上がりかつ煌びやか。
アウトロもすぱっと終わるので冗長感がない。
どこがどうとは言えないものの、かなり好きな感じ。
しつこさがない所とかがいいのか?


3.Express -Do Your Dance- / Dream a E-girls

これはもうハード系のダンス・ミュージックだ。
ただメロディーがキャッチーなので好き。
私にダンスの才能があればノリにのって踊りだしていたところだ。
歌詞は彼女たちのスタンスを表現した内容であり、
その「音を止めないで ただ前を見て 踊り続けるの」に少しぐっと来た。
ありきたりな文面だが、彼女たちの信念が強く感じられるフレーズ。
溌剌とした若さに、純粋に応援したくなる気分にさせられた。

 

全3曲、どれもかなりいいダンス・ミュージックだった。
クラブの派手派手しさを抑えつつ、決めるところは決めるところが格好いいと思う。

そういやHPを見る限り、ワンコイン盤なるものも発売しているそうで。
1曲「Dance Dance Dance」収録で約500円のCDだ。
気軽に買いやすい値段だし、歌詞カード付随のメリットもある。
確かサカナクション「ミュージック」がこういった販売法を取った記憶があるが
継続的にリリースしているグループは初めて知った。
採算が取れるうちは、こういう新しい販売体系にどんどん挑戦していってもらいたいなと思う。

 

 

広告を非表示にする