辿りつくべきところに辿りつくために

仕事をするにおいて、いかに私が計画性の欠片も持ち合わせておらず、行き当たりばったりで生活してきたのかを実感している。
事前の予習と復習。
どうして行動に移すことが出来なかったのだろう。

たどり着くべきところにたどり着くためには、歩かねばならない。
歩くためには地図が必要で、私はその地図を書きあぐねて、いつも誰かの、オーソドックスなものをコピーさせてもらっていた。
自分の手で、筆跡で、地図を描きあげる才能がなかった。

そんな自分を、たしかに私は好きだったよ。
現実から逃げて、音楽や文学に浸りきった学生時代を、なかったことになど出来ない。

私がめちゃくちゃ好きな、大分麦焼酎 二階堂のCMにこんなものがある。

ãäºéå  ã·ããã°ã©ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


1996年放映 
シネマグラス

探していた想い出に、
人は、どこで追いつけるのだろう。
人はみな、帰るべき刻があり、辿りつく夢がある。 
夢から醒めて、ここにいる。

帰るべき刻と、辿りつく夢……。
私が現実へと醒めなければならないのは、今なんだと思う。
いつかまた、あの夢へと辿りつくために、今は不格好で見にくくて、効率の悪い地図を描こう。

 

男と女が付き合って喧嘩して別れるゲームをしている

最近インディーズゲームの方で、男と女が付き合って別れるゲームをしている。
steamの『択愛』、Appアプリだと『Florence』

Florence

Florence

  • Annapurna Interactive
  • ゲーム
  • ¥360

 男と女が分かり合い、心を許してあってなお、ほんの些細な諍いで袂を分かっていく物語。
別にどちらも最高に面白い!ってほどではないんだけど、心地よさがすごい。
現実の私が手にすることの未だない愛、その結晶に少しでも触れたくて、そういうゲームを漁ってしまう。

漫画だと、ペス山ポピー『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。』が リアルに ”付き合って別れる”系のお話で胸にきた。

実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。 コミック 全2巻セット

実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。 コミック 全2巻セット

 

1巻は特殊性癖の話だけど、2巻からは痛々しいほどの慕情と、それを掴み取れない自分の手の無力さが描かれている。

ただそういう縁の切れ目系の話ばっかり読んでいると、「やっぱり仲直りって偉業ね」という気分になる。
一度解けてしまった紐を結び直すのは、投げ捨ててしまうことよりずっとずっと難しいことだから。

中山うり『ホタル』というMVがある。
私はこの”仲直り”MVが、好きで好きで、心の奥底から愛しく思う。


わ〜〜〜〜、泣く泣く泣く。
語彙力が消えますね。
互いの孤独を氷解させるために、人は人と共にある。
傷をつくる手はなお、傷を塞ぐこともできるんだよ。

 

兄妹〜aniimouto〜

兄妹〜aniimouto〜

  • provided courtesy of iTunes

傷をつくる手は なお傷を閉じることもできると 愛した瞳が走り出す

 

アニメOPのスクショでどれか当てるクイズ25問① ~20代前半女オタク向け~

好きなアニメOP漁ってたら、スクショクイズを作りたくなってしまったのでとりあえず思いついたもの50問。
傾向としては、20代前半女オタク向け。
「懐かしい~~~!」「私も好きだった~~~!」と思ってもらえれば嬉しいです。
回答はOP曲リンク貼るので、それでググれば出ます。
あとどうしても我慢できなかったので、OP内の推しフレーズ付き。

1.

f:id:yugurekou:20181128161135j:plain

不完全燃焼

不完全燃焼

  • provided courtesy of iTunes

予想外に際立つ力を 「可能性」と呼ぶのだけは やめてくれ 

続きを読む

千夜一夜物語 大好きオタク

森見登美彦の新刊『熱帯』を読んでいる。

熱帯

熱帯

 

千夜一夜物語が鍵というか、ベースになっている作品で、私の好きな作家達はなぜか千夜一夜物語要素を絡めた創作物を作ってくれるなあと勝手に喜んでいる。
オタクは初めてみたタイムリープものを親だと思うように、私にだって親とする千夜一夜物語がある。
see-saw千夜一夜』だ。作詞作曲は、オタク大好き梶浦由記

千夜一夜

千夜一夜

  • provided courtesy of iTunes

誰の心も動かせない ただの無口なシエラザード
 幾つの夜を重ねても 一つの恋さえ語れない

 温もりにもなれなかった 寝物語は何処へ消えて

この一捻りした解釈を親にして育ってしまったので、千夜一夜物語というかシエラザードに夢を見続けている。
物語の語り部でもあり、贄でもある才女。
島みやえい子なんて、その名を冠した曲「Scheherazade」も作ってる。
iTunes発売はなく、アルバム収録のみなのが残念なぐらいの名曲。

ひかりなでしこ(初回限定盤)【DVD付】

ひかりなでしこ(初回限定盤)【DVD付】

 

 「さぁ 私のうでの中 昨日の続きを話しましょう
 でも話は終わらない 終わらせるわけにいかない

12月に発売されるオトメイトの新作乙女ゲー「蛇香のライラ ~Allure of MUSK~」のEDに島みやえい子が起用されたの、絶対にこの曲があったからって思ってる。
OPはいとうかなこで、それもまた嬉しい。

漫画で言えば、大高忍「マギ」が浮かぶかな。

マギ コミック 全37巻セット

マギ コミック 全37巻セット

 

小説なら、吉田篤弘つむじ風食堂の夜」の『唐辛子千夜一夜奇譚』。

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

 

思わず手に取った本は、古い革装で、天に金が施してある。
判型は見慣れたもので、それはいいとしても、厚さがなんとも非常識だった。
全体が立方体の箱のように見える。それくらい分厚い本なのである。
らくだ色の質素な革表紙は、一見何の変哲もないが、よくよく目をこらすと、『唐辛子千夜一夜奇譚』という題名が、活字で空押しされていた。

 奇書なるこの本、実写映画化されたときに、クラフト・エヴィング商會らしい装丁で小道具として出てきたんだよね。
そういうところがいい。好き。

 

 

「竹画廊 レターブック」、最低2冊は絶対に買え!!

 

竹画廊レターブック

「竹画廊レターブック」買いました。
いいですか、何があっても最低2冊は買ってください!!!!

 「全180ページ フルデザイン×リバーシブル印刷」のクオリティ、まじ半端ないんで。

 

まずはAmazonで一冊注文したんですけど、届いてぱらぱらめくった次の瞬間にはもう一冊買いました。
使用用と保存用の2冊です。
「もったいなくて使えない〜〜〜」なんて言ってる場合じゃないんだよ!!!
この本の1ページ1ページがここまで凝っているのは、使ってもらうためって、手に取れば痛いほどに分かるんですよ。
デザイナーと印刷所の執念すら感じるこの超絶クオリティは何のためなのか。
眺めて終わり、本棚に閉まって終わり、一人で楽しんで終わりの「画集」ではなく、「レターブック」として発行された意味を、1ページ1ページがなぜ便箋として使えるようになっているのかを考えて欲しい。

誰かに手紙を書くためなんだよ。
言葉を伝える便箋として、誰かと誰かを繋げるためにこの1ページを使ってほしくて、こんなにもこだわられているんだよ。
クリエイターやデザイナーの、良心の産物でしかないこの本。
ほんと、はちゃめちゃに売れて欲しい。100万冊売れてベストセラーになって欲しい。
だからお願いです、西尾維新の「戯言シリーズ」とか「刀語」とか、渡辺浩弐「ゲームキッズ」シリーズの挿絵がほんの少しでも好きだった人は買って。2冊買って。

 
ただ切り離す時は、カッターと定規が必須。
レターパッドのようにはなってないです。あくまで本。
電子レンジでチンしてノリを溶かしてから、切り離してもいいとは思うけど。

仕事が辛いのでSFに逃げる日々 〜好きなSCPの話とか〜

仕事出来ねえ、マジくそ辛たん。
ってな日々が続いているので、SFに逃げてます。
SFは種を淘汰しこそすれ、個を責めたりはしないからね。
一つの職場の人間関係に固執する矮小さを、言葉と設定の力で超えていきたい。

という訳で最近読んだSF系小話の話。

最後にして最初のアイドル【短篇版】

最後にして最初のアイドル【短篇版】

 

130円で読めていい文章ですか、これ? 

こんな創世の神話をたった130円で読めるんですか?価格破壊がすごい。
アイドルが概念飛び越えて万物の素となり、ゆえに私もまたアイドルとなる運命がこの書には記されている。

さあ、アイドルをはじめよう。
あなたはキラキラに輝いてる!

わたし、私は古月みかの意志を継ぐもの。
継ぐものだから、 そう、私は他者を夢中にさせ、共感させ、自己同一化させられる存在なのだ。
この万能感のプレゼントを、受け取れてよかった。

そんな流れで、精神汚染系のSCP財団の話を漁っていて休日が終わった。
個人的に気に入った話を3つ挙げておく。


SCP-2718 :その後に起こるのは(SCP-2718 - SCP財団

俺には理解できない。
俺が細かなかけらに分かれていくほど、俺は痛みを知覚できるようになっていった。
俺が腐り落ちて生のある神経がどうやっても判別できないくらいに小さなものになったとき、俺が覚えていた不快さの感覚はその形を変えた。
人間の言葉に例えられそうな、焼けるような、うずくような、壊れていくような、そういう感覚から、十分に言葉に表せそうもないくらいにもっとひどい感覚に変わったんだ。
俺を作る部分すべてが他の部分から気が狂わんばかりにひどく広がっていくんだ。
人間はその生涯で慢性的な痛みの感覚が度々無くなるって言うよな。
でもな、何年たっても、何ヶ月という時が過ぎても、何秒と時間がかかっても、その感覚は常に激しくなっていくばかりだった。
俺はそう断言できる。

人間は死んだあと、意識が肉体から離れることなく、分解されていく肉体の苦痛を延々と知覚し続けるという話。
この話をフィクションだと否定する材料は、この世のどこを探してもない。
逃れられない死の牢獄に、全員が等しく、あまりにも平等に向かっている事実に背筋が凍った。
この強張りが解ける日は、きっとこない。


・SCP-324-JP:私はあなただけを見つめる(SCP-324-JP - SCP財団

SCP-324-JPは花の付け根にあたる花柄から切り落とす、または燃やすなどして全体の80%を損傷させることで駆除することができ、駆除されたSCP-324-JPは切り落とした花、地面に残った部分も共に即座に褐色に変色、枯死しその異常性を失います。
SCP-324-JPを切断によって駆除された場合、駆除した人物は様々な年齢、性別の人間の悲鳴の幻聴が駆除したSCP-324-JPから聞こえたと主張します。
また、駆除したと同時に駆除者の周囲半径10m内のSCP-324-JPが花弁を駆除者に正対するように動きます。
SCP-324-JPを1体駆除するごとにこの範囲は10mずつ広がります。
この正対運動はSCP-324-JPが駆除者の範囲内にいる間常に続き、範囲外になったSCP-324-JPは正対運動をやめ静止します。
この正対運動の範囲の解除は24時間の時間経過のみです。

花言葉から着想を得たであろう、向日葵の話。
静寂に群れ立つグロテスクな花にも、黙祷の意を併せ持つ動きがある。
SCPの中で一番忘れたくない話を選ぶならこれかなあ。
理屈抜きですごく好み。

・SCP-818-JP:えらいねぇ(SCP-818-JP - SCP財団

██研究員: 一体どこから帰ってきたのですか?

(直後、SCP-818-JP-Aが不意に泣き出し始める。SCP-818-JP-Bがそれに寄り添い、SCP-818-JP-Aが落ち着くまでの約10分間会話が中断される。)

██研究員: 落ち着きましたか?インタビューを再開しても構わないでしょうか?

SCP-818-JP-A: 茶色黄色白い、狭い柔らかい部屋、ゴミ箱で、他にも沢山いた。

██研究員: はい?ああ、話の続きですね、どうぞ。

SCP-818-JP-B: 毎日毎日、意味のない歌をうたわされて、他の人達と無理やり仲良くするように言われて、私達の役目は終わったと嘘をいわれたわ、そんなことはあり得ないのに。

SCP-818-JP-A: 何度も同じところ歩いた。不味いもの食べた。熱いお湯かけられた。あいつらはいつも私達を見下していた。そして私達を褒めた。私達を褒めた。私達を褒め続けた。笑っていた。

SCP-818-JP-A: 褒めるのは私達であるべきだ。だから戻ってきた。

人を「えらいねぇ」と褒め続ける老夫婦の話。
老人ホームという名の現代の姥捨て山の闇と、「えらいねぇ」の言葉が連想させる桃色のコントラストが重苦しい。
「これから先起こるのは」が死の地獄なら、こちらはその境目の地獄だろうか。
生の果てにある地獄。


「また明日」って今日も言わせて / 劇場版「若おかみは小学生!」【感想】

【映画パンフレット】若おかみは小学生! 

 
劇場版「若おかみは小学生!」観てきました。
引くほど泣いたんですけど、これは悲しみと尊敬の涙です。
これはハッピーな成長物語か?絶対にそうではないから泣けるんだよ。
彼女が赦さなければいけなかったものの大きさ、彼女が手放さなければいけなかったものの大きさ。
あまりにも早く大人にならざるをえなかった少女に一大人として出来ることは尊敬の眼差しを送ることだけでしょ。
 
以下ネタバレ。
 

2018年発売BLゲームOP情報まとめ&一言【現13作品】

2018年に発売される、BLゲーム(PC&vita&アプリ)のOP情報と動画&情報みただけの感想。
個人的なメモなんで、抜けとか不備とか色々あるだろうけど、そこはまあ……。
発売されたら動画製作者の未確認欄も埋めていきたい。
18禁要素を含むものもありますので、未成年の方の閲覧はご遠慮ください。

続きを読む

2018年発売vita乙女ゲームOP情報&一言【現21作品】

2018年に発売される、乙女ゲーム(vita)のOP情報まとめ&一言感想。
 随時更新:現在21作品。
個人的なメモなんで、抜けとか不備とか色々あるだろうけど、そこはまあ……。
発売されたら動画製作者の未確認欄も埋めていける限りは埋めたい。

続きを読む

腐女子のBL妄想が捗るおすすめ曲① ヒトリエ「フユノ」

腐女子ならさ!好きな曲でBL妄想するでしょ!?!?
という話にTwitter上でなったので、私の妄想爆裂おすすめBL曲を聴いて欲しい。
分かってるんだよ、アーティスト側だって別にそんな想いを込めて作った曲じゃないことぐらい。
勝手に一リスナーが想像を膨らましてきゃっきゃしてるだけの、ファンの風上にも置けない行為だってことぐらい。
 
でもさ!!!!
そういう妄想がしたくなる曲って、神曲の確率高すぎでしょ!?!?

「ねえ、これBLソングじゃね?推しカプのためにあるような曲じゃね?」
っていう腐女子の勘違いコメント共に紹介されているような曲、ぶっちゃけ同類のツボを抑えてくる確率が高すぎる。
誰かのイマジネーションを刺激したという事実は、どっかの音楽番組がやってるような毒にも薬にもならないアンケートランキングなんかより、よほど信頼性があると思うんだよ。
 
突然出会えたある曲に心底心動かされて、その感情の揺れをどうにか自分のものにしたくて、脳内妄想をし始める。
そういう一腐女子の、その人にしか言葉に出来ないようなとりとめのない妄想を、聞かせて欲しい。
立派な物語でなくていいから、あなたの心を動かしたその曲に対するあなたなりの解釈を私にも教えて。
っていう、そういう話です。まずは私から!


ヒトリエ『フユノ』

フユノ

フユノ

  • provided courtesy of iTunes

かつてのボカロ好きなら知っているだろうwowaka率いるバンド、ヒトリエ

個人的にはボカロPの曲より、ヒトリエになってからの曲の方がずっとずっと好きだ。
特に今曲は、もうイントロのピアノからして「冬」のエモさがすごい。
冬、ピアノ、雪の舞う街……こんな情景の浮かぶ曲でBL妄想するなっていう方が無理でしょ!?!?
 
という訳で以下妄想。
 
舞台は、冬。
CP属性としては、レース職人(30)×数学科専攻大学生(22)。
個人的に叔父×甥の同棲ものが性癖なので、当然のように叔父×甥で同棲している設定。
テーマとしては相互理解。

レース職人はいつも俯いた手元の狭い視界で、大学生は数字で世界を見ている。
周囲の人々は2人を理解してくれてるし、世間とのコミュニケーションも特に問題はない。
でも、気まぐれにお互いの世界を見ようとしてくれるのは、この広い世界でお互いだけっていうそういうBL。
 
レース職人はごくたまに、新聞のナンプレ欄を埋めようと鉛筆を握ったりする。
大学生は講義の空き時間に、本屋にあるような初心者向けレース編みセットを買って開けてみたりする。
けれど、いつもその試みは失敗に終わる。
どれだけ眺めたってレース職人には数字はただの数字でしかなく、
大学生の指先が編み出す模様の目は荒い。
相手と同じような世界を、同じような美しさで見ることは出来ないわけで。

でも後日、お互いがお互いの努力の痕跡を見つけるんだよ。
大学生は、ゴミ箱の中からくしゃくしゃに丸められた新聞の3面を見つけるし
レース職人は、大学生の机の上に自分の物ではないレース用の糸束を見つける。
新聞のナンプレなんて、大学生から見たらどこで躓くのかも分からない簡単なものだし
置いてあった糸束は、レース職人なら購入するはずもない安物。

そして、それがとんでもなく嬉しいんだよ、お互いにとって。
恋人が自分と同じ目線で、ものごとをやろうとしてくれた。
その事実がたまらなく嬉しいし、その幸福感のままベッドになだれ込んでほしい。
お互いが見てる世界も、感じる美しさも違うけれど、同じ言葉で、同じ熱を感じて欲しい。
この冬の日に。
 
……っていうね!
妄想を言葉にするのって、創作するタイプの人間じゃないからむずいし恥ずいな……。
でもほんと、こっ恥ずかしい妄想しちゃうくらいにこの曲が好きなんですよ。
ピアノは糸の形をしていたし、ドラムは数字のような正確さで足跡を刻んでいくから。
大学生が冬に身につけるマフラーと手袋は、レース職人お手製のものであったらいいし
レース職人はたまに大学生の本棚から数学書を抜き出して、レースのような数式のグラフを書き写してたらいいよ。


幸福を紡ぎ望む百合アンソロジー / 「Avalon」&「Avalon~bitter~」【感想】

本屋で表紙買いした百合アンソロジー2冊についての感想。

Avalon (girls×garden comics)

Avalon (girls×garden comics)

 
Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

 

表紙&装丁が最高すぎる。
はい、もう一回Amazonリンクの画像拡大して貼るから見て。

Avalon (girls×garden comics)

 Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

ああああ〜〜〜〜、最高〜〜〜〜!!

表紙とカバー下のSSを担当しているのは、イラストレーターの切符。
キャラクターが可愛いのは勿論だけど、特筆すべきはやっぱり背景じゃない?
西洋絵画を意識しているんであろうタッチ、ぼかし、光源がたまらない。
もう芸術の域です、百合は芸術!!

Avalon」の方は、モネやシスレーを彷彿とさせる印象派系のにじみが本当に美しいし
Avalon ~bitter~」の方は、ゴールドと模様の組み合わせが、もろにクリムト系のゴージャス感。

ã·ã¹ã¬ã¼ããã¼ã«=ãã«ãã®æ´ªæ°´ã¨å°è
アルフレッド・シスレー「ポール=マルリの洪水と小舟」)

23_e4
グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」

中村晋弥(LUCK'a Inc.)によるデザイン&装丁も最高なんですよ!

左がカバー下のSSで、右がカバー。
こんな素敵なカバー下、見たことある!?!?私は初めて見ました。
表紙の手触りもマットPP加工でさ、高級感のあるいい手触りなんだよ。
彼女達が来ている衣服を、なぞるようなこの官能的な手触りだけで値段分の元が取れます。

収録されている話でグッときたのは2冊合わせて3作品。
打率で言えば低いけど、まあアンソロジーなんて好きになれる話が1つあればいい方なので。

1.いとう「良い旅を」(「Avalon~bitter~」)

あなたがあまりに優しいから

あなたが色々な星を巡る夢ばかり見ていたの
私の重力に引かれておちてなんてほしくない 
…いや こんな言い方不誠実ね

すべきこと 
全ては成せなくてごめんなさい
一緒にいられなくてごめんなさい …そして 良い旅を

百合SF。
SFに関しての私は、伊藤計劃アーサー・C・クラークレイ・ブラッドベリも読んだけど、「マジで意味が分からん」の一言に尽きる残念系。
回りくどい文章の羅列で、結局は人間の感情を描いただけにしか思えなくて、好きになれない。
けれど惹かれる。難解だからこそ、読み解いてみたいと思う。
理解出来ないものを、理解できるもの以上にありがたがってはいけない」っていう名言もあるけどさ、回りくどい言葉でしか深めていけない感情もあるんだろうし。

今作に関しては、そういうSFっぽい会話のやり取りが味わい深かった。
特にラスト
あの人の言っていた 愛と責任についてよく考えるのだ
 何一つ知ることが出来なかったから 
 特にこんな――美しさの中では
」で夜明けを迎えるところが王道で最高だった。
ただただ光が美しいという事実に、そしてこの光こそを彼女に見せたがったミツガワの真心に少し泣いたよ。
例え完璧に理解できなくとも、心震える景色に圧倒されたい。
 

2.須藤佑実おねがい」(「Avalon ~bitter~」)

どうしてこんな無意味なことを 繰り返さなきゃいけないの
この涙は どこに行くの
せめてこの涙が海に溶けて 雲になればいいのに
そしてやがて雨になって あなたの背中をたたくの

失恋自殺からのループ片思い執着百合。
いや〜、ストーリーの結末と始まりを繋げる滴が、物語として綺麗すぎるね。
こんな日はいつも 懐かしい人が一瞬浮かんでは 消える
主人公が流した涙はちゃんと雨になって、その雨はひろちゃんの中で漠然とした涙となり、また主人公を無為な嘆きへと目覚めさせる。
メビウスの輪のように、ひっくり返され続ける砂時計のように。
終わっては始まり、始まっては終わってゆく、切れ目のない慕情が哀しい。

3.桜庭友紀「魔女と女王」(「Avalon 」)

どうせ賭けるなら 持てる最高を

街の存続を賭けた女王様vs魔女もの系百合。
詰め込みまくったセリフ・絵・展開、とても熱量のある同人作品を読ませてもらったという感じ。 
正直、話にはついていけないんだけど、でも喰らいついていきたいと思わせてくれる情熱が確かにある。
一本の漫画というよりは、何処かのゲームのコミカライズ化という印象すら受けるほどの情報量なので、考察とか好きな人にはウケそう。

振り返ってみると、私は分かりにくい百合が好きなのかもしれない。
こういうこだわりが詰まった、良くも悪くも同人っぽい商業誌、個人的には結構好きなので次もあったら買いたい。

 

両親の性交で生まれた、饒舌なあなた / 西加奈子「炎上する君」【感想】

西加奈子「炎上する君」の文庫本(又吉直樹(ビース)の解説付き)を読んで、だーだー泣いている。

収録されている8つの短編。
その中でも特に「あなたは、太陽の上に住んでいる。」から始まる一番最初の短編、「太陽の上」が泣けて泣けてしょうがなかった。
一度でも引きこもり経験がある人はぜひ読んでみて。
これは私たちのことを描いた小説だから。
(私は中学2年生・高校1年生の時に2回、半年間不登校で引きこもった経験あり)


だって8ページ、日常生活品を通販する主人公の行動描写がもうあの時の私だもん。

注文した箱が届けられるとき、あなたはいつも緊張する。
SMプレイ用の道具が出てきたらどうしよう、卓上卓球セットが出てきたらどうしよう。
それらは「誰かとやると楽しいもの」だ。
無意識で、自分が、「誰かとやると楽しいもの」を、買っていたらどうしよう、とあなたは危惧している。

しかし、あなたはそんな心配をしたことは一度もないし、これからもしないだろう。

あなたの手元に届くのは、初心者向けのタロットカードだし、プレイステーション・ポータブルだし、大人用の緻密な塗り絵だ。
姫路城と松本城のプラモデルだったこともあったし、プランクトン育成セットだったこともあった。

あなたは、ひとりだ。

タロットカード、PSP、大人向け塗り絵、プラモデル、育成セット。
引きこもりが選ぶ遊び道具の品選び、笑っちゃうぐらいに的確だ。
実際、あのときの私はこれらほぼ全部に、手を出そうとしたよ。
「誰かとやると楽しいもの」から目を逸らし続けて、「自分ひとりでできること」ばかり選んでやっていた。
それでいいと思っていた。だって、そうするしかなかったから。

だからこそラスト、女将さんの性交の声で、再誕生する主人公は私なのだ。

あなたは少し、震える。なぜか分からない。
夏生まれのあなただが、今日が誕生日であると思い出す。
日にちは分からないのだが、なぜか強くそう思う。今日が自分の誕生日だ。

黒い文字は、乱暴な律儀さで、あなたのノートに「それ」を教えている。
「誰かとすると楽しいこと」。

あなたは饒舌だった。

今日があなたの誕生日だ。
あなたは両親の性交で生まれた。饒舌なあなた。

あなたは降りてくる。
太陽の上から、降りてくる。

 
性交=「誰かとすると楽しいこと」で、私は生まれた。
この単純明快な事実が、ひどく胸をつく。
「誰かとすると楽しいこと」をずっと避けていた寂しさも、それを諦めることによって得ていた安寧も、すべてがこの小説の言うとおりだった。

感情に蓋をして、すれ違う人を木のように眺めて、ひとりぼっちで、世界を泳いで。
ひとりぼっちで。
私は、ひとりでいたくなかった。(「空を待つ」より)

私が引きこもりになったのは、2回ともクラスに親しい友達を作れなかったことが原因だった。
(子供っぽいって笑うでしょ?
でも社会人になってからも、「職場に心を許せる人がいない……他の同期はちゃんと馴染んでるのに……」って泣いてるから、なかなかこの問題は根が深いよ)

出来ることなら、この本を当時引きこもって、茫漠とした日々を耐えていた私に贈ってあげたい。
「誰かとすると楽しいこと」を求めることに、怯えていた私に。

我々の些細な苦しみは、誰かの思い苦しみと比較され、苦しみと感じること自体が悪であるように思わなければならないのか?

僕達は自分の悩みさえも悩んではいけないのか?(又吉直樹(ピース)の解説より

いいに決まってる。
一人だってことに悩んでいいし、苦しんでいいし、解決しようとしていいんだよ、って言ってあげたい。

歩こう。
太陽の上に住まうのでもなく(「太陽の上」)
空に浮かぶのでもなく(「ある風船の落下」)
船に揺られるのでもなく(「船の街」)
寝台の上で死体になるのでもなく(「トロフィーワイフ」)。
足を燃やしながら(「炎上する君」)、地面を歩こう。

 

日常になるのを焦ってしまうワンダーランド / 18禁BLゲー『贄の町』【感想】

f:id:yugurekou:20180922165530p:plain 

ゾンビリカ「贄の町」フルコンしました。
DLsiteで6,264円で購入したんですけど、ほぼ全額OPのためだけに払ったようなものです。
贄の町 初回豪華版

贄の町 初回豪華版

 

何回見ても、OPは最高だな!!!!!
ただストーリーは、このOPが仄めかしているような不謹慎をポップ色で上塗りした異色作ではなく、結構常識範囲内のお話でした。
そこが期待ハズレで残念だったかな。
以下、ネタバレ感想。
続きを読む

愛は今も燃え続く / 鬼束ちひろ「ヒナギク」【感想】

ヒナギク<プレミアム・コレクターズ・エディション(完全生産限定盤)【SHM-CD+Blu-ray+PHOTOBOOK】>

 
火の鳥 (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」目当てに、鬼束ちひろヒナギク」の プレミアム・コレクターズ・エディションを買ったので、今更だけどその感想。
 

f:id:yugurekou:20180912181655p:plain

 
めっっっちゃデカイ!!!
比較用の「Tiny Screams」もちょっと大きめのCDケースなのに、それ以上にデカイ。
何より嬉しいのが、歌詞カードも同じくらいデカイこと。
これだけの用紙に印刷された鬼束ちひろの歌詞を手に取れる。それだけでLP盤を買う価値大アリ。
今回の新曲2曲は、詩集のような文学的色合いが濃かったことだし。
 
1.ヒナギク
ヒナギク

ヒナギク

  • provided courtesy of iTunes

言葉はまるで乾き立つ砂漠 その一途へ火をつけて

鬼束ちひろで”燃える”というと私は「蛍」が浮かぶんだけど、今曲からは「蛍」の炎がしばらくの時を経て熾火になり、だけどそこに未だあり続ける執念のような熱を感じる。
愛は今も燃え続く」との言葉を、彼女の、「蛍」よりいくばくか低くなった歌声で聴かせてくれて嬉しい。
シングル「蛍」発売は2008年8月で、あれから10年。
愛は今も、燃え続いている。
そう言葉と、何より歌い続けてきた声だと分かる歌声で、証明してみせてくれてありがとう。
二人は明けを知らぬ日々」ってあるけれど、私が鬼束ちひろに抱いているイメージもまさにそのまんまだよ。
明けを知らぬ日々、生き続けていかなければならない日々を、愚かに、共に彷徨ってくれる人。
そしてこれからも、その苦痛の闇に火を灯し続けてくれるであろう人。
 
アレンジで言えば、2番のサビから入るパーカッションが好きだな。
雨であり、夜露であり、涙である、あの単純な一音に惹かれる。
 
 
2. Twilight Dreams
Twilight Dreams

Twilight Dreams

  • provided courtesy of iTunes

あなたを結うだけの温もりに かわって 今夜は 今夜は 

鬼束ちひろ×BLドラマ主題歌!?!?!??
2000年代あたりの腐女子の約半数が夢に見たであろう世界が、この平成も終わる2018年の夏に実現してしまった。
嬉しい、すっっっごく嬉しいんだけど、なぜ今…??
 
あと、喜び勇んで原作も読んだんですけど、そこまで内容(丸木戸マキ「ポルノグラファー」)に沿ってる訳では……?
というかこの歌詞はBLなのか、「僕等バラ色の日々」の方がよっぽどBLっぽいけれど……(個人の解釈です)
そもそも、鬼束ちひろの曲がタイアップ先の内容を汲んでいたことなんてあった……??
TRICKにおけるワルツとは……??
ブレスオブファイアⅤにおける「貴方が似合うといったこの抗いのドレス」とは……??
 
ってな感じで、腐女子目線で語ろうとすると鬼束ちひろファン目線が邪魔してくるので、普通に鬼束ちひろファン目線で語ります。
 
……とは言っても、タイアップ先のドラマが同性の恋愛ものだからこそ、こんなに穏やかなラブソングになったんだとは思うよ。
(追記:インタビュー読むと、全然そんな感じではなかったです)
男と女が分かり合うよりは、男と男、女と女、同性同士が分かり合う方がきっと楽で。
前曲「ヒナギク」のような渇望を煽る熱風も、次曲「帰り路をなくして」の底冷えする夜風も、今曲にはない。
ただひたすらに穏やかに、黄昏の気配が、二人のいる部屋を満たしている。
はぁ〜〜〜〜〜、幸せかよ。すごい幸せじゃん。
鬼束ちひろの楽曲中じゃ、かなりの上位にランクインするぐらいの幸福な精神状態じゃん。
貴方のその肌に この耳を澄ませば 奇跡さえ聞こえる」とかもう惚気のプロ。
言葉だけ見れば切なさはあるんだけど、編曲がもう黄昏の橙光をしているので、やはりこの2人は幸せなんだろうね。

次の曲見てみ?
血の涙は溢れる 緋の翼で舞い上がるのだろう 燃える世の底を這って ただ鳴き叫ぶ 鳴き叫ぶ」の壮絶さに比べれば、全然。そんなの、ねえ。
 
 
3.「帰り路をなくして (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」

ここからの4曲、すごい良い。

2017年6月1日 17:00開演『syndrome @ Zepp Nagoya』 に現地参戦していたから余計にそう思うのかもだけど。 
「すごいものを聴いてしまった……」と半ば感動、半ば呆然で帰路についたあの夜と、全く同じ夜が今ここにある。
スモークが焚かれまくった会場の空気とか、カラーライトで瞬時に染まっていく白長布の舞台装飾とか。
あのライブハウスの一夜が、一年後の今、ここにあって……本当に、すごいステージに行けたんだなあと思う。
 
今曲「帰り路をなくして〔Live〕」のアレンジで、何が良いっていったらやっぱりバイオリン。
1番ではまだ鳴りを潜めているんだけど、2番のサビからが、もう最高すぎてやばい。
この弦の震えこそが、「緋の翼」なんだと分かる。
スピッカートは羽ばたきで、ビブラートは風切羽で切られた風。
このLP盤のバカでかい歌詞カードを眺めがらようやく「帰り路をなくして」は鳥の姿を歌っていたのでは?と思った。
 
旅の涙には戻り道がない。
この日は二度と無いことを気付く涙だからだ。ちっぽけな自我など何かに呑まれて消える。
あらゆるものを喪失しながらあらゆる初めてのものに立ち会わされる。
そういう旅のぼう然とした無力感は、カタルシスでもある。
「翼の生えた【もういいや】感」とでもいうのか、海を渡る渡り鳥に感情表現があったらきっと苦笑いで感じているだろう感覚。

引用:2017年5月の日記 : 隠花微温室

 

上記は私の大好きな画家のブログにある文章なんだけど、私が感じた今曲の魅力がすべて書かれている。
あらゆるものを喪失しながらあらゆる初めてのものに立ち会わされる。
海を渡る渡り鳥に感情表現があったらきっと苦笑いで感じているだろう感覚
ヴァイオリン:バイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器
最も小さい身体で、最も高く鳴き、その先を目指す鳥の姿を、ようやく目に出来た気がする。
 
 
4.「ラストメロディー (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」

『TIny Screams』で一番聴いた曲は「ラストメロディー」
イントロでぱあっと、レンガの壁に沿って銀杏並木が続いている、
そんな秋の情景と日差しが瞼の裏に浮かぶところが、やけに不思議で好きで、何度もその光景に陶酔していた。
今曲の「ラストメロディー」は、間奏のエレキギターが印象的かな。
ノイズのような、断絶の音。
『Tiny Screams』で描いていたのは「涙をうかべて 歩いてゆく私に 聴こえないメロディー」で、今曲にあるのは、「もう何も言えずに 頷く私に 聴こえないメロディー」という感じ。
前者からは、終わってしまった、故に祝福の光に満ちたような銀杏並木を歩いて行く姿をイメージするけど、後者からは、聴こえなくなってしまったメロディーを、まだ涙目で探して立ち止まっている姿が思い浮かぶ。
崩壊の過程を目の当たりにしているような音で、それでもこの曲の情景が美しいのは変わらない。
同じ「ラストメロディー」でも、アレンジだけで全然違うね。
一言で言えば、『Tiny Screams』ver.の前日譚っぽくて感動したっていう話なんだけど。
 
5.「X (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」
 
うわああああああああん!!格好良いよ〜〜〜〜!!
原曲のボーカルはエフェクトがかっていて、そっちも格好良いんだけど、やっぱり鬼束ちひろは素の歌声が似合う。
ライブでは『BORDERLINE』の迫力に圧倒されていたけれど、「X」もめちゃくちゃ格好良かったんだね。
は〜〜〜〜、音源化してくれて嬉しい……ありがとうございます……。
間奏「So far Story comes around」の高音とかさ、あれライブで出せる声!?!?!?って思うよ。
生で、一発勝負で、あの声が出る歌手なんだよ、鬼束ちひろは……本当にすごい。
凄すぎるの一言しか出てこないよ。
その腕を伸ばして 何もかも放つように 二人は歪んでゆく
We're calling  We're going high
歪んで、落ちて、それでも高みに行こうと、魔性で悲痛なその声に引きずり込まれたい。
ディストーションの幕引き後に、13秒間続いた拍手。
あの中に、私が興奮の最中で叩いた拍手も入ってると思うと、もう本当に奇跡かなと思える。

6.「火の鳥(Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」
 
待って、泣く泣く泣く。
『syndrome』と『syndrome @ Zepp Nagoya』のラストトラックがこの曲であったこと。
最後は生きることを肯定して、観客をライブハウスから送り出してくれたこと。
今曲の伸びやかで、確かな力強さに、泣けて泣けてしょうがない。
 
億千の夜を越えて 貴方の翼になり その背を押してゆく
 生きる意味など 他には何も要らないから」 
扉をあけて 声を聴かせて
悲しい微熱よ 貴方に届け
 素直になれない 涙が溢れる 貴方に届け
 
「貴方」っていうのは、他の誰でもない、一リスナーの私に向けて言っているんだと、その優しい声が教えてくれる。
こんな、こんな美しくて優しい応援歌があっていいんですか……?
小野正嗣が「9年前の祈り」で芥川賞を受賞した時のスピーチ、その一文を思い出しながら聴いていた。
文学の世界は広大で自由なので、自分の場所は必ず見つかります。
「天才の作品の周辺には、われわれが小さな光を入れておくための場所がある」とカフカも『日記』に書いています。
「天才的なものは人をただ模倣に駆り立てるだけではない普遍的な激励だ」というのです。
「普遍的な激励」、この言葉に相応しい曲を、2017年の鬼束ちひろから聞けて良かった。
何というか、彼女のファンでいて良かったと思うよ。心底。
 
 
 

vita『エスカ&ロジーのアトリエ Plus』楽曲の作曲者コメント書き出し<前半>

エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~オリジナルサウンドトラック

 

vita『エスカ&ロジーのアトリエ Plus』のextraより音楽堂の作曲者コメント書き出し。
全曲といいたいところですが、エタりかけで下書きに眠らせたままの供養記事なので全体の2/3ぐらい。
「ドロシアの虎」「咆哮」「逆光」「傍らに咲く花 part2」「尻尾の数はひとつとふたつ」「ひとりぼっちの女王蜂」あたりがお気に入り。
いや、全部好きです。

 

続きを読む