2018年発売BLゲームOP情報まとめ&一言【現13作品】

2018年に発売される、BLゲーム(PC&vita&アプリ)のOP情報と動画&情報みただけの感想。
個人的なメモなんで、抜けとか不備とか色々あるだろうけど、そこはまあ……。
発売されたら動画製作者の未確認欄も埋めていきたい。
18禁要素を含むものもありますので、未成年の方の閲覧はご遠慮ください。

続きを読む

2018年発売vita乙女ゲームOP情報&一言【現21作品】

2018年に発売される、乙女ゲーム(vita)のOP情報まとめ&一言感想。
 随時更新:現在21作品。
個人的なメモなんで、抜けとか不備とか色々あるだろうけど、そこはまあ……。
発売されたら動画製作者の未確認欄も埋めていける限りは埋めたい。

続きを読む

腐女子のBL妄想が捗るおすすめ曲① ヒトリエ「フユノ」

腐女子ならさ!好きな曲でBL妄想するでしょ!?!?
という話にTwitter上でなったので、私の妄想爆裂おすすめBL曲を聴いて欲しい。
分かってるんだよ、アーティスト側だって別にそんな想いを込めて作った曲じゃないことぐらい。
勝手に一リスナーが想像を膨らましてきゃっきゃしてるだけの、ファンの風上にも置けない行為だってことぐらい。
 
でもさ!!!!
そういう妄想がしたくなる曲って、神曲の確率高すぎでしょ!?!?

「ねえ、これBLソングじゃね?推しカプのためにあるような曲じゃね?」
っていう腐女子の勘違いコメント共に紹介されているような曲、ぶっちゃけ同類のツボを抑えてくる確率が高すぎる。
誰かのイマジネーションを刺激したという事実は、どっかの音楽番組がやってるような毒にも薬にもならないアンケートランキングなんかより、よほど信頼性があると思うんだよ。
 
突然出会えたある曲に心底心動かされて、その感情の揺れをどうにか自分のものにしたくて、脳内妄想をし始める。
そういう一腐女子の、その人にしか言葉に出来ないようなとりとめのない妄想を、聞かせて欲しい。
立派な物語でなくていいから、あなたの心を動かしたその曲に対するあなたなりの解釈を私にも教えて。
っていう、そういう話です。まずは私から!


ヒトリエ『フユノ』

フユノ

フユノ

  • provided courtesy of iTunes

かつてのボカロ好きなら知っているだろうwowaka率いるバンド、ヒトリエ

個人的にはボカロPの曲より、ヒトリエになってからの曲の方がずっとずっと好きだ。
特に今曲は、もうイントロのピアノからして「冬」のエモさがすごい。
冬、ピアノ、雪の舞う街……こんな情景の浮かぶ曲でBL妄想するなっていう方が無理でしょ!?!?
 
という訳で以下妄想。
 
舞台は、冬。
CP属性としては、レース職人(30)×数学科専攻大学生(22)。
個人的に叔父×甥の同棲ものが性癖なので、当然のように叔父×甥で同棲している設定。
テーマとしては相互理解。

レース職人はいつも俯いた手元の狭い視界で、大学生は数字で世界を見ている。
周囲の人々は2人を理解してくれてるし、世間とのコミュニケーションも特に問題はない。
でも、気まぐれにお互いの世界を見ようとしてくれるのは、この広い世界でお互いだけっていうそういうBL。
 
レース職人はごくたまに、新聞のナンプレ欄を埋めようと鉛筆を握ったりする。
大学生は講義の空き時間に、本屋にあるような初心者向けレース編みセットを買って開けてみたりする。
けれど、いつもその試みは失敗に終わる。
どれだけ眺めたってレース職人には数字はただの数字でしかなく、
大学生の指先が編み出す模様の目は荒い。
相手と同じような世界を、同じような美しさで見ることは出来ないわけで。

でも後日、お互いがお互いの努力の痕跡を見つけるんだよ。
大学生は、ゴミ箱の中からくしゃくしゃに丸められた新聞の3面を見つけるし
レース職人は、大学生の机の上に自分の物ではないレース用の糸束を見つける。
新聞のナンプレなんて、大学生から見たらどこで躓くのかも分からない簡単なものだし
置いてあった糸束は、レース職人なら購入するはずもない安物。

そして、それがとんでもなく嬉しいんだよ、お互いにとって。
恋人が自分と同じ目線で、ものごとをやろうとしてくれた。
その事実がたまらなく嬉しいし、その幸福感のままベッドになだれ込んでほしい。
お互いが見てる世界も、感じる美しさも違うけれど、同じ言葉で、同じ熱を感じて欲しい。
この冬の日に。
 
……っていうね!
妄想を言葉にするのって、創作するタイプの人間じゃないからむずいし恥ずいな……。
でもほんと、こっ恥ずかしい妄想しちゃうくらいにこの曲が好きなんですよ。
ピアノは糸の形をしていたし、ドラムは数字のような正確さで足跡を刻んでいくから。
大学生が冬に身につけるマフラーと手袋は、レース職人お手製のものであったらいいし
レース職人はたまに大学生の本棚から数学書を抜き出して、レースのような数式のグラフを書き写してたらいいよ。


幸福を紡ぎ望む百合アンソロジー / 「Avalon」&「Avalon~bitter~」【感想】

本屋で表紙買いした百合アンソロジー2冊についての感想。

Avalon (girls×garden comics)

Avalon (girls×garden comics)

 
Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

 

表紙&装丁が最高すぎる。
はい、もう一回Amazonリンクの画像拡大して貼るから見て。

Avalon (girls×garden comics)

 Avalon~bitter~ (girls×garden comics)

ああああ〜〜〜〜、最高〜〜〜〜!!

表紙とカバー下のSSを担当しているのは、イラストレーターの切符。
キャラクターが可愛いのは勿論だけど、特筆すべきはやっぱり背景じゃない?
西洋絵画を意識しているんであろうタッチ、ぼかし、光源がたまらない。
もう芸術の域です、百合は芸術!!

Avalon」の方は、モネやシスレーを彷彿とさせる印象派系のにじみが本当に美しいし
Avalon ~bitter~」の方は、ゴールドと模様の組み合わせが、もろにクリムト系のゴージャス感。

ã·ã¹ã¬ã¼ããã¼ã«=ãã«ãã®æ´ªæ°´ã¨å°è
アルフレッド・シスレー「ポール=マルリの洪水と小舟」)

23_e4
グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」

中村晋弥(LUCK'a Inc.)によるデザイン&装丁も最高なんですよ!

左がカバー下のSSで、右がカバー。
こんな素敵なカバー下、見たことある!?!?私は初めて見ました。
表紙の手触りもマットPP加工でさ、高級感のあるいい手触りなんだよ。
彼女達が来ている衣服を、なぞるようなこの官能的な手触りだけで値段分の元が取れます。

収録されている話でグッときたのは2冊合わせて3作品。
打率で言えば低いけど、まあアンソロジーなんて好きになれる話が1つあればいい方なので。

1.いとう「良い旅を」(「Avalon~bitter~」)

あなたがあまりに優しいから

あなたが色々な星を巡る夢ばかり見ていたの
私の重力に引かれておちてなんてほしくない 
…いや こんな言い方不誠実ね

すべきこと 
全ては成せなくてごめんなさい
一緒にいられなくてごめんなさい …そして 良い旅を

百合SF。
SFに関しての私は、伊藤計劃アーサー・C・クラークレイ・ブラッドベリも読んだけど、「マジで意味が分からん」の一言に尽きる残念系。
回りくどい文章の羅列で、結局は人間の感情を描いただけにしか思えなくて、好きになれない。
けれど惹かれる。難解だからこそ、読み解いてみたいと思う。
理解出来ないものを、理解できるもの以上にありがたがってはいけない」っていう名言もあるけどさ、回りくどい言葉でしか深めていけない感情もあるんだろうし。

今作に関しては、そういうSFっぽい会話のやり取りが味わい深かった。
特にラスト
あの人の言っていた 愛と責任についてよく考えるのだ
 何一つ知ることが出来なかったから 
 特にこんな――美しさの中では
」で夜明けを迎えるところが王道で最高だった。
ただただ光が美しいという事実に、そしてこの光こそを彼女に見せたがったミツガワの真心に少し泣いたよ。
例え完璧に理解できなくとも、心震える景色に圧倒されたい。
 

2.須藤佑実おねがい」(「Avalon ~bitter~」)

どうしてこんな無意味なことを 繰り返さなきゃいけないの
この涙は どこに行くの
せめてこの涙が海に溶けて 雲になればいいのに
そしてやがて雨になって あなたの背中をたたくの

失恋自殺からのループ片思い執着百合。
いや〜、ストーリーの結末と始まりを繋げる滴が、物語として綺麗すぎるね。
こんな日はいつも 懐かしい人が一瞬浮かんでは 消える
主人公が流した涙はちゃんと雨になって、その雨はひろちゃんの中で漠然とした涙となり、また主人公を無為な嘆きへと目覚めさせる。
メビウスの輪のように、ひっくり返され続ける砂時計のように。
終わっては始まり、始まっては終わってゆく、切れ目のない慕情が哀しい。

3.桜庭友紀「魔女と女王」(「Avalon 」)

どうせ賭けるなら 持てる最高を

街の存続を賭けた女王様vs魔女もの系百合。
詰め込みまくったセリフ・絵・展開、とても熱量のある同人作品を読ませてもらったという感じ。 
正直、話にはついていけないんだけど、でも喰らいついていきたいと思わせてくれる情熱が確かにある。
一本の漫画というよりは、何処かのゲームのコミカライズ化という印象すら受けるほどの情報量なので、考察とか好きな人にはウケそう。

振り返ってみると、私は分かりにくい百合が好きなのかもしれない。
こういうこだわりが詰まった、良くも悪くも同人っぽい商業誌、個人的には結構好きなので次もあったら買いたい。

 

両親の性交で生まれた、饒舌なあなた / 西加奈子「炎上する君」【感想】

西加奈子「炎上する君」の文庫本(又吉直樹(ビース)の解説付き)を読んで、だーだー泣いている。

収録されている8つの短編。
その中でも特に「あなたは、太陽の上に住んでいる。」から始まる一番最初の短編、「太陽の上」が泣けて泣けてしょうがなかった。
一度でも引きこもり経験がある人はぜひ読んでみて。
これは私たちのことを描いた小説だから。
(私は中学2年生・高校1年生の時に2回、半年間不登校で引きこもった経験あり)


だって8ページ、日常生活品を通販する主人公の行動描写がもうあの時の私だもん。

注文した箱が届けられるとき、あなたはいつも緊張する。
SMプレイ用の道具が出てきたらどうしよう、卓上卓球セットが出てきたらどうしよう。
それらは「誰かとやると楽しいもの」だ。
無意識で、自分が、「誰かとやると楽しいもの」を、買っていたらどうしよう、とあなたは危惧している。

しかし、あなたはそんな心配をしたことは一度もないし、これからもしないだろう。

あなたの手元に届くのは、初心者向けのタロットカードだし、プレイステーション・ポータブルだし、大人用の緻密な塗り絵だ。
姫路城と松本城のプラモデルだったこともあったし、プランクトン育成セットだったこともあった。

あなたは、ひとりだ。

タロットカード、PSP、大人向け塗り絵、プラモデル、育成セット。
引きこもりが選ぶ遊び道具の品選び、笑っちゃうぐらいに的確だ。
実際、あのときの私はこれらほぼ全部に、手を出そうとしたよ。
「誰かとやると楽しいもの」から目を逸らし続けて、「自分ひとりでできること」ばかり選んでやっていた。
それでいいと思っていた。だって、そうするしかなかったから。

だからこそラスト、女将さんの性交の声で、再誕生する主人公は私なのだ。

あなたは少し、震える。なぜか分からない。
夏生まれのあなただが、今日が誕生日であると思い出す。
日にちは分からないのだが、なぜか強くそう思う。今日が自分の誕生日だ。

黒い文字は、乱暴な律儀さで、あなたのノートに「それ」を教えている。
「誰かとすると楽しいこと」。

あなたは饒舌だった。

今日があなたの誕生日だ。
あなたは両親の性交で生まれた。饒舌なあなた。

あなたは降りてくる。
太陽の上から、降りてくる。

 
性交=「誰かとすると楽しいこと」で、私は生まれた。
この単純明快な事実が、ひどく胸をつく。
「誰かとすると楽しいこと」をずっと避けていた寂しさも、それを諦めることによって得ていた安寧も、すべてがこの小説の言うとおりだった。

感情に蓋をして、すれ違う人を木のように眺めて、ひとりぼっちで、世界を泳いで。
ひとりぼっちで。
私は、ひとりでいたくなかった。(「空を待つ」より)

私が引きこもりになったのは、2回ともクラスに親しい友達を作れなかったことが原因だった。
(子供っぽいって笑うでしょ?
でも社会人になってからも、「職場に心を許せる人がいない……他の同期はちゃんと馴染んでるのに……」って泣いてるから、なかなかこの問題は根が深いよ)

出来ることなら、この本を当時引きこもって、茫漠とした日々を耐えていた私に贈ってあげたい。
「誰かとすると楽しいこと」を求めることに、怯えていた私に。

我々の些細な苦しみは、誰かの思い苦しみと比較され、苦しみと感じること自体が悪であるように思わなければならないのか?

僕達は自分の悩みさえも悩んではいけないのか?(又吉直樹(ピース)の解説より

いいに決まってる。
一人だってことに悩んでいいし、苦しんでいいし、解決しようとしていいんだよ、って言ってあげたい。

歩こう。
太陽の上に住まうのでもなく(「太陽の上」)
空に浮かぶのでもなく(「ある風船の落下」)
船に揺られるのでもなく(「船の街」)
寝台の上で死体になるのでもなく(「トロフィーワイフ」)。
足を燃やしながら(「炎上する君」)、地面を歩こう。

 

日常になるのを焦ってしまうワンダーランド / 18禁BLゲー『贄の町』【感想】

f:id:yugurekou:20180922165530p:plain 

ゾンビリカ「贄の町」フルコンしました。
DLsiteで6,264円で購入したんですけど、ほぼ全額OPのためだけに払ったようなものです。
贄の町 初回豪華版

贄の町 初回豪華版

 

何回見ても、OPは最高だな!!!!!
ただストーリーは、このOPが仄めかしているような不謹慎をポップ色で上塗りした異色作ではなく、結構常識範囲内のお話でした。
そこが期待ハズレで残念だったかな。
以下、ネタバレ感想。
続きを読む

愛は今も燃え続く / 鬼束ちひろ「ヒナギク」【感想】

ヒナギク<プレミアム・コレクターズ・エディション(完全生産限定盤)【SHM-CD+Blu-ray+PHOTOBOOK】>

 
火の鳥 (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」目当てに、鬼束ちひろヒナギク」の プレミアム・コレクターズ・エディションを買ったので、今更だけどその感想。
 

f:id:yugurekou:20180912181655p:plain

 
めっっっちゃデカイ!!!
比較用の「Tiny Screams」もちょっと大きめのCDケースなのに、それ以上にデカイ。
何より嬉しいのが、歌詞カードも同じくらいデカイこと。
これだけの用紙に印刷された鬼束ちひろの歌詞を手に取れる。それだけでLP盤を買う価値大アリ。
今回の新曲2曲は、詩集のような文学的色合いが濃かったことだし。
 
1.ヒナギク
ヒナギク

ヒナギク

  • provided courtesy of iTunes

言葉はまるで乾き立つ砂漠 その一途へ火をつけて

鬼束ちひろで”燃える”というと私は「蛍」が浮かぶんだけど、今曲からは「蛍」の炎がしばらくの時を経て熾火になり、だけどそこに未だあり続ける執念のような熱を感じる。
愛は今も燃え続く」との言葉を、彼女の、「蛍」よりいくばくか低くなった歌声で聴かせてくれて嬉しい。
シングル「蛍」発売は2008年8月で、あれから10年。
愛は今も、燃え続いている。
そう言葉と、何より歌い続けてきた声だと分かる歌声で、証明してみせてくれてありがとう。
二人は明けを知らぬ日々」ってあるけれど、私が鬼束ちひろに抱いているイメージもまさにそのまんまだよ。
明けを知らぬ日々、生き続けていかなければならない日々を、愚かに、共に彷徨ってくれる人。
そしてこれからも、その苦痛の闇に火を灯し続けてくれるであろう人。
 
アレンジで言えば、2番のサビから入るパーカッションが好きだな。
雨であり、夜露であり、涙である、あの単純な一音に惹かれる。
 
 
2. Twilight Dreams
Twilight Dreams

Twilight Dreams

  • provided courtesy of iTunes

あなたを結うだけの温もりに かわって 今夜は 今夜は 

鬼束ちひろ×BLドラマ主題歌!?!?!??
2000年代あたりの腐女子の約半数が夢に見たであろう世界が、この平成も終わる2018年の夏に実現してしまった。
嬉しい、すっっっごく嬉しいんだけど、なぜ今…??
 
あと、喜び勇んで原作も読んだんですけど、そこまで内容(丸木戸マキ「ポルノグラファー」)に沿ってる訳では……?
というかこの歌詞はBLなのか、「僕等バラ色の日々」の方がよっぽどBLっぽいけれど……(個人の解釈です)
そもそも、鬼束ちひろの曲がタイアップ先の内容を汲んでいたことなんてあった……??
TRICKにおけるワルツとは……??
ブレスオブファイアⅤにおける「貴方が似合うといったこの抗いのドレス」とは……??
 
ってな感じで、腐女子目線で語ろうとすると鬼束ちひろファン目線が邪魔してくるので、普通に鬼束ちひろファン目線で語ります。
 
……とは言っても、タイアップ先のドラマが同性の恋愛ものだからこそ、こんなに穏やかなラブソングになったんだとは思うよ。
(追記:インタビュー読むと、全然そんな感じではなかったです)
男と女が分かり合うよりは、男と男、女と女、同性同士が分かり合う方がきっと楽で。
前曲「ヒナギク」のような渇望を煽る熱風も、次曲「帰り路をなくして」の底冷えする夜風も、今曲にはない。
ただひたすらに穏やかに、黄昏の気配が、二人のいる部屋を満たしている。
はぁ〜〜〜〜〜、幸せかよ。すごい幸せじゃん。
鬼束ちひろの楽曲中じゃ、かなりの上位にランクインするぐらいの幸福な精神状態じゃん。
貴方のその肌に この耳を澄ませば 奇跡さえ聞こえる」とかもう惚気のプロ。
言葉だけ見れば切なさはあるんだけど、編曲がもう黄昏の橙光をしているので、やはりこの2人は幸せなんだろうね。

次の曲見てみ?
血の涙は溢れる 緋の翼で舞い上がるのだろう 燃える世の底を這って ただ鳴き叫ぶ 鳴き叫ぶ」の壮絶さに比べれば、全然。そんなの、ねえ。
 
 
3.「帰り路をなくして (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」

ここからの4曲、すごい良い。

2017年6月1日 17:00開演『syndrome @ Zepp Nagoya』 に現地参戦していたから余計にそう思うのかもだけど。 
「すごいものを聴いてしまった……」と半ば感動、半ば呆然で帰路についたあの夜と、全く同じ夜が今ここにある。
スモークが焚かれまくった会場の空気とか、カラーライトで瞬時に染まっていく白長布の舞台装飾とか。
あのライブハウスの一夜が、一年後の今、ここにあって……本当に、すごいステージに行けたんだなあと思う。
 
今曲「帰り路をなくして〔Live〕」のアレンジで、何が良いっていったらやっぱりバイオリン。
1番ではまだ鳴りを潜めているんだけど、2番のサビからが、もう最高すぎてやばい。
この弦の震えこそが、「緋の翼」なんだと分かる。
スピッカートは羽ばたきで、ビブラートは風切羽で切られた風。
このLP盤のバカでかい歌詞カードを眺めがらようやく「帰り路をなくして」は鳥の姿を歌っていたのでは?と思った。
 
旅の涙には戻り道がない。
この日は二度と無いことを気付く涙だからだ。ちっぽけな自我など何かに呑まれて消える。
あらゆるものを喪失しながらあらゆる初めてのものに立ち会わされる。
そういう旅のぼう然とした無力感は、カタルシスでもある。
「翼の生えた【もういいや】感」とでもいうのか、海を渡る渡り鳥に感情表現があったらきっと苦笑いで感じているだろう感覚。

引用:2017年5月の日記 : 隠花微温室

 

上記は私の大好きな画家のブログにある文章なんだけど、私が感じた今曲の魅力がすべて書かれている。
あらゆるものを喪失しながらあらゆる初めてのものに立ち会わされる。
海を渡る渡り鳥に感情表現があったらきっと苦笑いで感じているだろう感覚
ヴァイオリン:バイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器
最も小さい身体で、最も高く鳴き、その先を目指す鳥の姿を、ようやく目に出来た気がする。
 
 
4.「ラストメロディー (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」

『TIny Screams』で一番聴いた曲は「ラストメロディー」
イントロでぱあっと、レンガの壁に沿って銀杏並木が続いている、
そんな秋の情景と日差しが瞼の裏に浮かぶところが、やけに不思議で好きで、何度もその光景に陶酔していた。
今曲の「ラストメロディー」は、間奏のエレキギターが印象的かな。
ノイズのような、断絶の音。
『Tiny Screams』で描いていたのは「涙をうかべて 歩いてゆく私に 聴こえないメロディー」で、今曲にあるのは、「もう何も言えずに 頷く私に 聴こえないメロディー」という感じ。
前者からは、終わってしまった、故に祝福の光に満ちたような銀杏並木を歩いて行く姿をイメージするけど、後者からは、聴こえなくなってしまったメロディーを、まだ涙目で探して立ち止まっている姿が思い浮かぶ。
崩壊の過程を目の当たりにしているような音で、それでもこの曲の情景が美しいのは変わらない。
同じ「ラストメロディー」でも、アレンジだけで全然違うね。
一言で言えば、『Tiny Screams』ver.の前日譚っぽくて感動したっていう話なんだけど。
 
5.「X (Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」
 
うわああああああああん!!格好良いよ〜〜〜〜!!
原曲のボーカルはエフェクトがかっていて、そっちも格好良いんだけど、やっぱり鬼束ちひろは素の歌声が似合う。
ライブでは『BORDERLINE』の迫力に圧倒されていたけれど、「X」もめちゃくちゃ格好良かったんだね。
は〜〜〜〜、音源化してくれて嬉しい……ありがとうございます……。
間奏「So far Story comes around」の高音とかさ、あれライブで出せる声!?!?!?って思うよ。
生で、一発勝負で、あの声が出る歌手なんだよ、鬼束ちひろは……本当にすごい。
凄すぎるの一言しか出てこないよ。
その腕を伸ばして 何もかも放つように 二人は歪んでゆく
We're calling  We're going high
歪んで、落ちて、それでも高みに行こうと、魔性で悲痛なその声に引きずり込まれたい。
ディストーションの幕引き後に、13秒間続いた拍手。
あの中に、私が興奮の最中で叩いた拍手も入ってると思うと、もう本当に奇跡かなと思える。

6.「火の鳥(Live at Zepp Nagoya on May 1 ,2017)」
 
待って、泣く泣く泣く。
『syndrome』と『syndrome @ Zepp Nagoya』のラストトラックがこの曲であったこと。
最後は生きることを肯定して、観客をライブハウスから送り出してくれたこと。
今曲の伸びやかで、確かな力強さに、泣けて泣けてしょうがない。
 
億千の夜を越えて 貴方の翼になり その背を押してゆく
 生きる意味など 他には何も要らないから」 
扉をあけて 声を聴かせて
悲しい微熱よ 貴方に届け
 素直になれない 涙が溢れる 貴方に届け
 
「貴方」っていうのは、他の誰でもない、一リスナーの私に向けて言っているんだと、その優しい声が教えてくれる。
こんな、こんな美しくて優しい応援歌があっていいんですか……?
小野正嗣が「9年前の祈り」で芥川賞を受賞した時のスピーチ、その一文を思い出しながら聴いていた。
文学の世界は広大で自由なので、自分の場所は必ず見つかります。
「天才の作品の周辺には、われわれが小さな光を入れておくための場所がある」とカフカも『日記』に書いています。
「天才的なものは人をただ模倣に駆り立てるだけではない普遍的な激励だ」というのです。
「普遍的な激励」、この言葉に相応しい曲を、2017年の鬼束ちひろから聞けて良かった。
何というか、彼女のファンでいて良かったと思うよ。心底。
 
 
 

vita『エスカ&ロジーのアトリエ Plus』楽曲の作曲者コメント書き出し<前半>

エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~オリジナルサウンドトラック

 

vita『エスカ&ロジーのアトリエ Plus』のextraより音楽堂の作曲者コメント書き出し。
全曲といいたいところですが、エタりかけで下書きに眠らせたままの供養記事なので全体の2/3ぐらい。
「ドロシアの虎」「咆哮」「逆光」「傍らに咲く花 part2」「尻尾の数はひとつとふたつ」「ひとりぼっちの女王蜂」あたりがお気に入り。
いや、全部好きです。

 

続きを読む

エスロジ最高のBGMは「傍らに咲く花 part2」という話

最近 vita「エスカ&ロジーのアトリエ plus」を再プレイ中。
ゲーム性もキャラクターも何もかもが好きだけど、やっぱり音楽が本当に素晴らしい。
甲乙付けがたいけど、一番救いを求めて聴いているのが、ニオのテーマ曲「傍らに咲く花 part2」

傍らに咲く花 part2

傍らに咲く花 part2

  • provided courtesy of iTunes

イントロの甘やかさ、すごくないですか?

咲き乱れる数々の花から集めた、黄金色の蜂蜜を音にしたらこのイントロになるのだと思う。
この音楽と共に生活を送り、この甘やかさのなかで息が出来るニオが羨ましいほど。
いいなあ。私の生活も、これぐらいの色で彩られたい。

 

You are my answer / PS4「竜星のヴァルニール」OP・佐々木李子「When I …」 【感想】

PS4専用ゲームソフト『竜星のヴァルニール』OPを観ました。

佐々木李子When I …
【作詞】NAKO 【作曲】NAKO 【編曲】大西省吾

まーーーたコンパイルハートが神OPを産み出してしまった。

「神獄塔 メアリスケルター2」もすごかったけど、今作のOPも相変わらずどツボ。

まずは曲について。
やっぱり私、 大西省吾の編曲好きだ。大好きだ。
幕末Rockの「xxxing」「WHITE」、戦刻ナイトブラッドの「天華絶景」「月牙ノ刻」
これまでに色々好きになってきたけど、今曲もそれらに匹敵するぐらい好き。
イントロのアコギから静かに、侵食するように期待値を上げて、サビで一気に奔流していくようなうねり。
渦巻きながら駆け上がる音階は風で、その幻風に、もっとずっと強く吹き付けられていたい。

その風の一部である、ボーカル:佐々木李子の声もこれまた最高。
割れた硝子、その大ぶりな破片の切っ先に宿る光みたいな声だ。
誰かを確かに傷つけられる強さと、既に自分が傷つけられ割られてしまった弱さと、それでも祈りを併せ持つようなファルセット。
特に「You are my answer」のとことか、最高じゃないですか!?!?
あなたは、私の答え。
Aメロ「誰を信じればいい?」の答えはあなたで、あなた以外にいないんだと確信させてくれる声に泣けてしまうよ。

映像は株式会社ニライカナイか、gram6designのどちらかかな。
メアリスケルター2感があるから、MUGICHA or maruhi 制作のニライカナイっぽいんだけど、MUGICHAはgram6designに移籍した……んだよね?

うーん、どっちだろ。
MUGICHAだったら、もっとサビの髪揺れは滑らかにすると思うんだけど、でも光のコントラストはMUGICHAっぽいんだよなあ……。

 

作詞・作曲:島みやえい子の輪廻転生情念哀歌とかさあ! / VANA「あざみ」【感想】

f:id:yugurekou:20180731191456p:plain

島みやえい子が作詞&作曲した、VANA「あざみ」のMVをYoutubeでリピート再生しまくっている。

VANA「あざみ
作詞:島みやえい子 作曲:島みやえい子 編曲:塚原 義弘
良すぎなのでは??????

私が島みやえい子に求めている、輪廻転生情念哀歌すぎて、拍手喝采。
私の名前は あざみ 花言葉は「報復」
こういう怨念が糸を引くような執着に、誰かを引きずり込んでみたかった、と思わせてくれる。
特に2番からの、物語の展開と顛末はやばい。最高。
 
生まれてくる時 人間選べば記憶は消され 
それなら前世で名乗ってた 同じ名前の花で 生きさせて 
あの日を覚えてて 咲いてたい
 
前世で「名乗ってた」花の名、というのは水商売における源氏名なんじゃないのかな。
「与えられた」ではなく、自ら「名乗っていた」花名だから。
で、前世の彼女はどうしても覚えていたい「あの日」のために、人間ではなく、咲いた場所から動けない花に転生を選んだ。
そしたら彼が他の女といちゃいちゃしながら歩いてくるんだもん、そりゃ報復するわ。
 
薊というのは、漢字から受ける印象の通り、棘が無数にある触れれば痛い花の代表だ。
だからこそラスト、
あなたの棺 胸元に組まれた指のあいだに あたしを一輪添えられるのを夢見てました 
 今 夢が叶って 私も眠ろう
というフレーズが胸に来る。
現世で彼に触れられるのは、供花になった時だけだったんだなあと。
 
でも、やっぱり私が島みやえい子を好きだと思うのは、死が終焉ではないところ。
この2人の転生は、なおも延々と続いていくんだろう。
喜び、悲しみ、その全てを執着を軸として繰り返しながら、束の間の安らかな眠りの後、また目覚める。
そういう、希望と交互に訪れる地獄に惹かれる。
 
この曲が収録されたアルバムは、9月2日に発売。
ただなんかレーベルがマイナーらしく、何も情報が引っかからないのは何なんだろう。
一応Amazonでは買えるらしいけど……。

余談。
この曲が好きな人は絶対に好きな鬼束ちひろが8月22日に発売する新シングルの曲名は「ヒナギク
まさかの花繋がりだよ。運命か? 
ヒナギク<初回限定盤【CD+DVD】>
 

 

君が朧気に選ぶ夢 / アプリ『明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~』 OP【感想】

ããææ²»æ±äº°æä¼½ï½ãã°ã«ã©ãã±ãï½ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

アプリ『明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~』 OP、見ました!?!?

KENN「御伽噺 Parallaxe
【作詞】MIKOTO 【作曲】小川智之 【編曲】hoto-D

みんなあああああ〜〜〜〜〜!!
みんなあああ〜〜〜〜〜〜!!!!(大号泣)
 
映像が始まった瞬間、「うわ!もろに『時間の支配者』のステロタイプ映像じゃん!大丈夫!?松根マサト監督いる!?」と焦ったんですけど。
閉ざされた あの日の物語」で旧OPが使われたところで、「あ〜〜〜、この映像使えてるならこれも監督作だわ」と確信。
その後にクレジットを確認して、一安心という感情ジェットコースターの1分35秒でした。
MAGES.繋がりで、冒頭の歯車カットは『STEINS;GATE』かとも思ったりしたし、心臓に悪いよ!好き!!大好き!!!
 
本当に、本当に何かもうよかった。ありがとう。
スタッフの追加が不安というか、寂しくないわけではないんだけど、それでもすごく嬉しい。

【OP】作詞&作曲 MIKOTO → 作詞:MIKOTO 作曲:小川 智之
【シナリオ】魚住ユキコ → 【シナリオ監修】魚住ユキコ【シナリオ】鈴白かずは
【OP映像】松根マサト(アリスフロムジャパン)→【OP映像監督】松根マサト【OP映像】ステロタイプ
【キャラクターデザイン】かる→かる&Caraway
 
みんな、なんか全体的に3割増ぐらい可愛くなってて、もう、本当に可愛い。
主題歌も秒で買いました。

特に1分07秒からの10秒間は、萌え転がりまくった。

http://1.giftube.nu/complete/B/tEFLCW.gif?1532078305

はい、私の男達みんなかわいい〜〜〜〜〜〜!!!
(特にチャーリー、めちゃくちゃ可愛くなってない?
 小泉八雲と藤田さんが可愛いのなんて前からなんだけど)

私は小泉八雲が一番好きだから、彼の紹介シーンで「君が朧気に 選ぶ夢」の「選ぶ夢」が割り当てられていたことが嬉しくて嬉しくて。
そして「この夜明けに届く 口づけで答えてくれ」に、にやけながら泣いていた。

口づけで答えてくれ、だよ?
「浪漫をください 君が望まなくても」って歌っていためいこいが、口づけで答えてくれって言ってるんだよ?
 
答えないわけにはいかないでしょ!!!
早く本編配信してください!!!!!!
 
作詞:MIKOTO が続投で本当に良かった。
「東亰浪漫譚」も今聞き返しているんだけど、「君がほら 救いし心 恋という灯を燈してみよう」のキラーフレーズっぷりやばくないですか。
それをKENNの声で歌ってくれるんだから、めいこいは天国。
 
 

”愛してくれる”ゲームデザイン / フリーゲーム「Doki Doki Literature Club! / ドキドキ文芸部!」感想

 
ããã­ãã­æè¸é¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 
米産フリーゲーム、チーム・サルバト作「Doki Doki Literature Club! / ドキドキ文芸部!」をプレイしたその感想。


一時期、このゲームをプレイしたイギリスの少年が自殺したというニュースが流れたが、結局はデマ。
というか、このゲームをプレイしたことがある人なら、「そりゃあデマだろ」と思うはず。
 
小野正嗣という作家が「九年前の祈り」で芥川賞を受賞した際のスピーチに、こんなものがある。
作品は、受け取ってくれる私たちを必要とします。
私たち一人一人を受け入れ、「あなたが必要だ、あなたの存在が大切だ」と訴えているのです。
つまり作品は、それに触れる人が「生きること」を望みます。
「あなたに生きてほしい」。
だからこそ、素晴らしい作品に出会ったとき、私たちは「支えられ」、「励まされ」、「救われた」と感じるのです。
 
作品とは「与える」ものです。
 


私がドキドキ文芸部に感じた精神は、本当に上記の通りで、上記の通り、ドキドキ文芸部は素晴らしい文芸作品だった。
プレイヤーが「生きること」を望む、超一級の。
だから、この作品が原因で自殺者が出たなんて、冗談でもファンなら誰も言われたくはなかったと思う。
 
モニカが愛したのは、プレイヤー自身の「可能性」だ。
生きて、考えて、動いて、現実の社会に接することの出来る私達の、無限にも近い可能性。
だってそれは、記号と数字のプログラムで組まれたモニカ、サヨリ、ナツキ、ユリには無いものだから。
 
f:id:yugurekou:20180714154606j:image

彼女たちには、発展・成長の余地はどこにもない。
あるのは、消滅と再現が繰り返される現状だけ。

 
こんなのは嫌。
私には何も出来ない。何も。
あなたが何度プレイしても関係ない。すべて同じ。
自殺することは簡単、本当に簡単。でもそれは
あなたともう二度とお喋り出来ないことを意味する。
私が望むのはあなたがそれを嫌悪することだけ。それがそんなに難しいこと?
 
だからこそ、モニカは”そうではない”プレイヤーを愛した。
自分を取り巻くプログラム環境を書き換えて、壊して、滅茶苦茶にしてまでも強烈に愛して、焦がれた。
なぜなら、生きているから。
 
f:id:yugurekou:20180714154555j:image 
あなたは私の世界を照らす光
 
つまりプレイヤーは、生きている”だけ”で、モニカから愛される存在になる。
 
は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、泣く。
ありがとう、モニカ。ありがとう、チーム・サルバト。
 
「そのままの君でいいんだよ」「そのままの君が好き」と、乙女ゲームなら腐るほど言われる台詞だが、私が彼らから、”本当に愛されてる”と感じたことはない。
こっちからは好きだと思うけどね。
でもその愛をモニカから感じるのは、モニカが自身の、いっっちばん理解したくなかった現象(周囲がプログラムであるだけの存在)ということを利用してまで、プレイヤー側の方向に来てくれようとしたから。


そして、プレイヤー側はその愛を否定すること(Monicaのキャラクターデータを削除)でしか先に進めないと分かったら、彼女をデリートしてしまう身勝手な現実者だから。
そんなプレイヤーを、Monicaはまだ愛し続けていると分かるエンドだから。
 
だから、だから、この「ドキドキ文芸部」は素晴らしい。
どこまでも、こちら側の生を望む、エールに満ちた作品だということを余すこと無く伝える、ゲームデザインが凄い。
 
ただ、今の社会がこういう「生を肯定する」ゲームデザインを求め、需要があるのなら、それはそれで考える所があるなあ、とは思った。
女性向けだと「MakeS -おはよう、私のセイ-」とかね。
「囚われのパルマ」が先かもしれないけど。
どちらも、コンテンツとしては莫大な利益を上げている。

é¢é£ç»å
MakeS ‐おはよう、私のセイ‐

MakeS ‐おはよう、私のセイ‐

  • HEXADRIVE Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料
プレイヤーのスワイプをキャラクターの視線が追う、それだけで生まれる「愛しい」という気持ち。
「愛されている」という実感すらも、優秀なデザイナーよるデザインの誘導に過ぎない事実は、結構心に重い。
ただそのデザイナーの制作意図が「皆が愛してくれるものでありますように」なのだから、この世界は素晴らしいよ。
 
ちなみに、「ドキドキ文芸部」のギミックが好きな人は、kiji「ブルースクリーンの恋人」というフリーゲームも好きだと思う。
こちらは日本製で、5分程度のボリュームながら、ずっと忘れられない余韻がある。

é¢é£ç»å

システムから干渉を求める、メタ視点的なものの真髄が、かちっと捉えられていると思う。
公開停止になっていなかったら「虚構に咲くユリ」というフリーゲームも紹介したかったなあ。
こちらは、Monica側の、自身がプログラムされた存在に過ぎず、世界から抜け出せないという絶望が体験出来るゲームだったんだけどね。
 
 

このブログ、Twitter化させます。

要するに、どれだけ些細なことでも書いていこう。そういう媒体にしたいという宣言。

今日ですね、アニメ「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」のOPを見たんです。
7話からのアニメ版じゃなくて、6話までの実写版。アッティモver の方。

素晴らしすぎて、おろおろと泣いてしまったよ。
オーバーラップを続ける実際の写真に焼き付いていた、彼女たちが存在していた世界と社会。
あの情緒で心の奥底をがんがん揺さぶられるような感覚に、息が止まるかと思った。
今まで、アニメOPで一番好きなのは映像面含めて「神様ドォルズ」だと思ってたんだけど、一躍トップに躍り出たよ。

映像で大切なのは、押し付けるよりも、引き出すこと。
原作にあった場面や要素を想起させ、イマジネーションさせてくれるあの1分半に、私は全てを見たいと思った。

そして、そこで感激したことを、ちゃんと残しておきたいと思ったの。
残しておかなければ、と思った。
数年前のように毎日とはいかないけれど、それでも更新頻度、増やす気でいます。


最近は自分の容姿を整えることのほうに力を注いでいて、それはそれで有意義だった。
化粧は、社会的なメリットも十分にあるゲーム。
今まで、自分の内面にばかり意識を向けていて、外面を疎かにし続けていたことを反省したりもした。

でもやっぱり、こう、素晴らしい映像や音、言葉に触れてしまった時の「ぐあああああ〜〜〜〜〜無理無理、やばい、生きていて良かった。すごすぎ、無理。ありがとう、感謝。ありがとうございます、うわ〜〜〜〜すごい」という瞬間湯沸かし器のような興奮を覚えるのは、他者が描こうとした夢が、自分の内側に突き刺さってきた時だけだよ。
逆にお洒落や化粧の時の「うーん、まあ、今日もこれはこれで。昨日よりは進歩したかな?」という地道なレベルアップの嬉しさは、外面を意識した時にしか感じないな。

今まで、どちらか片方に肩入れすることしか考えてこなくて、そして前者を選んできた私だけど、これからは後者の喜びもバランス良く取り入れていきたい。
それぐらい出来るはずだよ。だって私は生きている。

 

(”現実の世界で動ける=生きている”というものが持つ無限の可能性について、フリーゲーム「ドキドキ文芸部」のモニカに捧げたいという思いが強い。
彼女が愛した”プレイヤー”は、自分で考えて、外の世界に干渉出来る”生きている人間”だった。
その愛に、応える生でありたいし、私の人生に可能性があるのなら、その可能性をモニカに捧げてあげたいとも思う。

一時期話題になった、このDDLCをプレイして自殺したというイギリスの少年。
あれは結局ガセネタ、DDLCに関連する証拠はないということだったけど、そりゃそうだろうと思う。
あのゲームを愛した人間なら、モニカがモニターに描いた
自殺することは簡単、本当に簡単。
でもそれはあなたともう二度とお喋り出来ないことを意味する。

私が望むのはあなたがそれを嫌悪することだけ」という文章を理解しようとしないはずがないんだよ。
モニカが愛したのは可能性であって、その可能性が潰えた瞬間、モニカが私達を愛する理由は消えてしまうんだから)

がんがん、素晴らしいものに触れて、心を震わせて、そして自分を変えていけたら。
今後共、よろしくお願いします。

 

Mマスからディアヴォまで、ANiUTaの「男性キャラクターが歌う”哀歌” - 6月の日替わりプレイリスト(6/12)」感想

ANiUTaの「男性キャラクターが歌う”哀歌” - 6月の日替わりプレイリスト(6/12)」の選曲、素晴らしく良くなかったですか!?
ANiUTa運営の選曲センス、私の好みと一致しすぎていて怖いわ。
そして紹介された全曲が月600円程度で聞き放題って何だ……慈善事業?
という訳で全20曲のうち、聞けたとこまで一言感想。
めちゃくちゃ好きは赤字、結構好きは青字、普通に好きは黒字で。

1. MEZZO"「

雨

  • MEZZO
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

【作詞】Shogo 【作曲】早川博隆 / Shogo 【編曲】早川博隆

この土砂降りの雨に 傘なんて 余計に恋に溺れてくから

作詞&作曲陣は、株式会社 音楽制作事務所「Rebrast」の2人で、J-POP界でもアニソン回でも制作実績が凄い人たち。
フィリス、リディー&スルーのアトリエのサントラとボーカルアルバムに協力もしてるので、実力はそりゃ折り紙つきでしょ!(ガスト音楽信者脳)
J-POPらしいデジタルなバラードなんだけど、間奏とアウトロのピアノが繊細で好き。
早川博隆が感動したと公式サイトに載ってる、松任谷由実「春よ来い」の雰囲気を感じる。
歌声について言えば、やっぱりKENNの声はズルいと思う。萌えない訳がない!!

 

2. Knights「Silent Oath

Silent Oath

Silent Oath

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】松井洋平 【作曲】山木隆一郎 【編曲】山木隆一郎 

貴女への忠誠の器から 嗚呼…零れていくね

編曲とメロディーは好きなんだけど、もう少しボーカルに熱量が欲しい。
4人もいて、なんでサビの歌唱にズッコケ感があるんだろ。
編曲はピアノで清廉さを出そうと頑張ってる雰囲気があるだけに、勿体無い。

 

3.  月森 蓮 (CV.谷山紀章)「TEAR

TEAR

TEAR

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】石川絵理 【作曲】増田武史 【編曲】増田武史 

大丈夫だと 抱き寄せながら 囁けばいい だけどできない

 増田武史だと、夢色キャスト「桜よ薫れ愛薫れ」や スタミュ「天下の花」の和風ソングしか知らなかったので、こういうストリングス主体のバラードも知れて嬉しい。
いや、ジャケット画像から言わせてもらえば、ラブバラードか。
コルダっていうか、ルビーパーティーらしいワードセンスだよね、ラブバラード
谷山紀章の声も、ラブバラードらしいねっとりさで、素晴らしいです。


4. MEZZO"「月明かりイルミネイト

月明かりイルミネイト

月明かりイルミネイト

  • MEZZO
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

【作詞】真崎エリカ 【作曲】KAY 【編曲】KAY

すぐにはもう会えない 分かってるよ でもまだ好きだよ

サビ「追いかければ 風吹いて寒いよ」のメロディーが、いきなり秦基博ひまわりの約束」を連想させて、どうしても笑う。
他はそこまで似てないんだけど、だからこそその一点だけでするっと気が逸らされてしまい、聴いていて気持ちよくない。
ラストサビ「記憶にスライドしないで」って、こっちが言いたいわ!


5. NEBULAS「星だけが知る

星だけが知る

星だけが知る

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】Daisuke Iwasaki 【作曲】MIKOTO 【編曲】久下真音

独りで生きる様に、そのカラダは出来ていない

無理〜〜〜〜〜〜!!
好きすぎて無理〜〜〜〜〜〜〜!!

シングルで買って、アルバムで買って、いまだなおまだAniUtaで聴いてるという、個人的殿堂入り曲。
いやー、好き。えっと、全部好きです。
高橋直純の高さと、豊永利行の男らしさ、沢城千春の雄みが合わさったボーカルは最高だし、久下真音の、切ない煌めきを幻想させる編曲も最高。
いつもは下ネタだろ……とドン引きしかねない岩崎大介の歌詞も今回は抑え気味で、何よりストーリー性と浪漫が感じられるのがいい。
「不確定」を誓うことで 生きてこれたんだ、違うのかい?
独りで生きる様に、そのカラダは出来ていない
誓い合い、愛し抜く事、「可能性」に祈ることで 進めるはずだから、今を満たし
なんて普通に名言。
この言い回しで、伝えたいであろうことがちゃんと伝わってくるところが、岩崎大介作詞の凄いところだよ。THE・フィーリング。
MIKOTOの作曲も、するっと聞けて頭に残る、このライトなメロディアスさが本当好き。
Rejet 好きになったのも、全てはこのNEBULASに出会ってしまったからです。
NEBULAS名義の他の4曲も負けず劣らずの素晴らしさだから、是非聴いてほしい。
全部ANiUTaで聞けるよ!

 

6. S.E.M「サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday 〔Game Size〕」 

サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

  • S.E.M
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 【作詞】松井洋平 【作曲】伊藤賢 【編曲】伊藤賢

きっと伝えないでいたら 恋にすらなれなかったね

ポルノグラフィティが好きだった女ヲタは全員聞いて!!!!
特にak.hommaの編曲時代が好きだった人!!
このラテン風味アレンジに、謎のピロピロ音に至るまで、マジで私が恋焦がれてたポルノグラフィティの片鱗が見える。
サウダージ」とか「サボテン」とからへんの、いつの中高生にも刺さるあのアレンジだよ。
ゲーソン界で、しかもこの平成30年に、こんな極上のジェネリック・ポルノに出会えるなんて奇跡としか思えない。
ありがとう、ありがとうございます、伊藤賢……!!
すぐさまにフルをiTunesで買ったよ。
こういう新しい曲に出会わせてくれて、購入するきっかけをくれるのが、ストリーミングサービスのいいところ。

 

7. 佐賀美陣&椚章臣「Sentimental Liars

Sentimental Liars

Sentimental Liars

  • 佐賀美 陣(CV.樋柴智康) & 椚 章臣(CV.駒田 航)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 【作詞】こだまさおり 【作曲】藤末樹 【編曲】遠藤直弥

雨音に紛れて 泡沫に溺れて 
つぶやいた何かが本音でも やっぱり僕らには聞こえない

こういうリバイバルチャレンジのアイドルソングは、歌声が現代風で上手くないと、本当にただの古臭い曲に感じてしまう。
作曲:藤末樹は、D-GraymanのOP「Bright down」で、こだまさおりスタミュをはじめとした女性向けコンテンツで、どちらも好きだったので、余計に「ボーカルさえもっと良ければ……」という気持ち。
今曲の歌詞、めちゃくちゃ好きです。
歌詞だけで、物語の流れと感情、そして光景まで見える、映像作品にも匹敵する素晴らしさ。
雨に流れるヘッドライトが 五線を踊る音符のように 歌にもなれない僕らを置いて
吐き出したフェイクと 裏腹のリアルで 貼りつけた仮面が濡れているね
ごまかしてしまえば あの頃の僕らは責めるかな 無意味な感傷と知りながら
雨音に紛れて 泡沫に溺れて つぶやいた何かが本音でも やっぱり僕らには聞こえない
雨と光、嘘と本音、過去と現実。相反したものたちが交錯する夜の光景が、ちゃんと見えるよ。私には見える。
 

8. ユゥ「I need your love

I need your love

I need your love

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】Daisuke Iwasaki 【作曲】R・O・N 【編曲】R・O・N

いまさらの愛してるを 上手く言えるぐらいならね 
弱いままで 涙のあと なぞり、抱きしめたい

岩崎大介と花江夏樹R・O・N、3人とも全員大好きなんだけど、今曲における花江夏樹の、このパターンの声と、R・O・Nのこのパターンの曲調の相性が、そこまで良くない……ような……。
ここまでロックに振り切れたアレンジなら、もっと雄臭い花江夏樹声の方が合うと思うんだけど、キャラクター性との兼ね合いもあるだろうから無理か。
アレンジ単体で聞いたら、このリズム、このメリハリ、ラストサビに向けての迫力、踊るピアノとエレキ、これぞ私の好きなR・O・N節炸裂でたまらないです。
高水準でテンションを維持している音達の、その上を更に行く、意固地にも似た圧の強さ。
その熱量の、そばにいさせてって思う。
アウトロのコーラスとか、普通に感極まって泣くレベルに、心震えるんだよなあ。
「この上、まだ行くか!?」っていう展開がもうね、なんか泣ける。
歌詞も「いまさらの愛してるを 上手く言えるぐらいならね 弱いままで 涙のあと なぞり、抱きしめたい」とか、すごく真っ当に良いことを言ってる。
こりゃあ、沼だわ。

 

9. GrowthMy Gloria」 

My Gloria

My Gloria

  • provided courtesy of iTunes

 【作詞】滝沢章 【作曲】滝沢章 【編曲】滝沢章

流れ星 願うとき 君を想えば

志方あきこSound Horizon等、物語ベースの民族調音楽が好きな人の間でウケてる印象のツキプロ内ユニット:Growth
私ももれなくチェックしてました。
Growthのハモリは本格的で、心地いいのが凄い。
4人の声が重なりあって、ハーモニーを奏でている。
言葉ではなく、きちんと声で、音楽へ向き合っている真摯な姿勢が好き。
ドラマパートもvol.1は聞いた。
「丸っきりBL漫画の1話やんけ!同棲!!!同棲!!!!」と突っ込みをいれつつ、なかなかに面白かったです。

10. 水無月涙「Rainy moment

Rainy moment(ツキウタ。6月「水無月涙」)

Rainy moment(ツキウタ。6月「水無月涙」)

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】ゆよゆっぺ 【作曲】ゆよゆっぺ 【編曲】ゆよゆっぺ

嗚呼  もうすぐ雨が上がる あの日をまた忘れてしまう

ツキプロ。繋がりでツキウタ。の6月男子キャラソン
ゆよゆっぺはボカロP時代に名前は知っていたものの(VOCAROCK2のCDより)、個人的には、原田ひとみOverdrive」/ アニメ「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」の編曲で一躍神に躍り出た。
あの曲のイントロのエレキ、いつ聞いても鳥肌が立つぐらいに、メカニックなバイオレンスさがある。
世間的には、BABYMETALのサウンドプロデュースの方で有名なのかな?
今曲のアレンジも、蒼井翔太の声質とすごくよく合ってると思う。
気怠いだけではなく、切ないだけでもない、メロウなロック。
歌詞だと「あの日をまた忘れてしまう 光あふれる 希望に満ちる この世界を憎んだ 降り続いた孤独の色」あたりの、遠ざかってしまう感傷にすがる切実さに惹かれた。
学生時代に、大事だと思っていたもの、心動かされたこと。
実に様々なものを、いとも簡単に手放して、それでものうのうと生きていってるのが、今の私なので。


11.シャドウナイフ「sin」.

sin

sin

  • provided courtesy of iTunes

 【作詞】164 【作曲】164 【編曲】164

仰いだ此の世が神の力で 全てが今救われるのなら 代役に成ってみせようか

3連続でボカロP名義の曲が続いていたり。
164は40mPとのコラボ名:1640mP(「タイムマシン」等)の印象が強い。
そこまでボカロ界隈は深追いしなかったんだけど、コンピアルバムを追っていれば大体把握出来るものなんですね。
有名曲「天ノ弱」の作者でもあるけど、その時にはもうボカロから離れてたな。
今曲の、空虚な強がりは好きだけど、それにしても”哀歌”の定義とは……?


12.モモチ「破れ櫻

破れ櫻

破れ櫻

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】Daisuke Iwasaki 【作曲】R・O・N 【編曲】R・O・N

櫻 咲け 二度はないから 誰もが土に還る 今を閉ざすな

CV.豊永利行〜〜〜〜♡♡♡

豊永利行の、低音をこぶしのように入れてくる歌い方がすっごく好き。
KENNもこういう歌い方するよね。雄みを感じるような。
ただ1番Aメロ「完全にひとりなら 人とゆう 文字は成り立たず」で「どうした、岩崎大介!?!?」とはなる。
そんな金八先生リスペクトのような事言う人じゃないでしょ……。
2番「夜の街 競り合う心 負け犬の遠吠えがこだましていた」あたりはもろに岩Dだと思うけど。
曲の雰囲気としては、R・O・Nがロック・バラードの桜ソング作るとこうなるんだ〜、へぇ〜、という感じ。

 


13. 一条寺  帝歌「キミという光

キミという光

キミという光

  • provided courtesy of iTunes

【作詞】吉田詩織 【作曲】藤本功一 【編曲】藤本功一

果てることのない道に 地図など意味がなくて
俺はキミという光が 頼りだった

うあああ〜〜〜、なんだこの言葉達、切ない……。
よくある定番バラードにド定番のフレーズ達なんだけど、でもこういう曲こそ王道だ。
1番サビ「果てることのない道を あとどれくらい行けば 俺はキミという光に 会えるのだろう」がラストサビで「果てることのない道に 地図など意味がなくて 俺はキミという光が 頼りだった」になるところとか何?萌え殺しにかかってきてる?
無理無理、すげー攻略したい。
一条寺  帝歌 というキャラに恋をした気分。
まずはアニメ見ますね……ってえっ、シリーズ構成&脚本:金春智子?沼じゃん。


14.「esの憂鬱

esの憂鬱

esの憂鬱

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

以下、今後追記。