パラパラ×ホスト×ダンスバトル!『パラホス』全曲感想

パラパラ×ホスト×ダンスバトルのCD音楽ジャンル、『パラホス』にハマってます。
細かいことは、公式サイトYouTubeに上げられているMVをどれか選んで見てもらえば、十分伝わるはず。

個人的にファーストインプレッションは『LOVE JACKAL』がおすすめ!

LOVE JACKAL

LOVE JACKAL

  • アキXTとカール(CV:住谷哲栄と小林聡)
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

こういう摩訶不思議な女性向けジャンルのノリ、私は永遠に好き……。

2D×3D×声優本人の実写という、採算取れてるのか不安になるぐらいに豪華なMVでビビる。

3Dモデルの表情がいくら何でも虚無過ぎるとか、声優本人にやらせるにしてはサビのフリが乙女過ぎでは?とか色々突っ込みたいところはあるんだけど、この熱量の前では全部どうでもいいことだよね。


『LOVE JACKAL』、歌詞もよくあるホストソングかと思いきや、所々にホストの嫌らしいところがにじみ出てて面白いです。

ったく、お前に無理させらんねえよ
 でも覚悟あるなら オリシャン入れてくれよ

って、臆面もなく金をせびるところとか。

しかもそう煽った上で「勘違いするなよ 飲むのはお前だ」って、客にシャンパン押し付けてくるのが心底笑える。えっ、私がですか!?

 

で、この衝撃のシャンパンコールの後に入ってくる間奏のエレキソロが、異様に格好いいのにもまた痺れる。
間奏とアウトロだけに入るギターなのに、鮮烈な印象を残してくれて、ユーロビートに少しのロックテイストが付いて素敵。

 

 

このクオリティのMVが後3本あるんですよね。
せっかくだから一本ずつご紹介。

NIGHT OF FIRE

NIGHT OF FIRE

  • provided courtesy of iTunes

CV.谷山紀章による、ユーロビートの代表曲『NIGHT OF FIRE』の日本語訳カバー。
かの木村拓哉もスマスマというテレビ番組で、この曲でパラパラを披露していたので本当に代表曲。


補作詞:山本メーコによる日本語訳がいい味出してるんですよね。
原曲は洋楽だから今曲の和訳は『パラホス』独自のものなんだけど、サビのある意味ふざけたキャッチさーが素晴らしい。

SHINJUKU フィーバー」とか「ROPPONGIフィーバー」とか「IKEBUKUROフィーバー」とか、何というか外国人が想像するジャポニカ・スタイルっぽくて。

 

谷山紀章の歌い方にも脂が乗りまくってて最高だな。
キャラの設定が「パラホスの世界的ブームを作ったカリスマ」というものなので、そのレジェンド感がきっちり出てるし、何より本人が超楽しそうなので、こちらまで嬉しくなってくる。

急にサビ前の「3、 2、 1 ! 」で本人が出てきた時は思わず笑っちゃったけど、とんとんって自分の胸元を叩くときの仕草、相変わらず超格好いい。

 

 

READY STEADY GO

READY STEADY GO

  • provided courtesy of iTunes

CV.森久保祥太郎による、L'Arc-en-Cielの名曲『READY STEADY GO』のユーロビートアレンジ&カバー。

3Dモデルの出来は、森久保祥太郎演じるこのLOKI.が一番いいと思う。
体の動きに合わせてちゃんと髪が揺れてるように見えるんだよね。
モデリングにかけられる予算によっては、長髪より短髪の方が綺麗に映える時もあるんだと初めて教えられた気がする。


森久保祥太郎の歌唱も谷山紀章と同じくらいノリノリで、「お二人が楽しそうで何より……」という気持ちにさせてくれる。
元々の原曲がロックなので、本人もめちゃくちゃ歌いやすそうだし。

 

 

いいじゃない

いいじゃない

  • 輝夜彗(CV:保住有哉)
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

こちらは『パラホス』オリジナルソングの『いいじゃない』2人歌唱ver. 。

とにもかくにも、サビの振り付けがすごく良い!
誰でも踊れて、思わず真似したくなる振り付けっていうのがパラパラの醍醐味だと思うので。
こちらを指差すその指先に、心撃ち抜かれちゃうよ。痺れる。

 

『LOVE JACKAL』と同様、シャンパンコール後のエレキソロもキレキレで大満足。
余談で語るけど、今曲の作編曲&『パラホス』全曲に関わってる彦田元気、元々超好きなんですよね。
分かりやすくメロディーラインが盛り上がって、ブチアガれる曲が私はいつだって大好きなので……。

 


ただ一番好きなのは、6人全員歌唱の『BEAT OF THE RISING SUN』カバー!

BEAT OF THE RISING SUN

BEAT OF THE RISING SUN

  • パラホスDREAM LOVE&JEALOUS
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

全員歌唱がやっぱり一番強い!

一瞬たりともスピードを落とさない、超ハイテンションのゴリ押しBPMがたまらなく心地良い。
問答無用にシェイクされて気力が充電されるこの感じ、恋に落ちるには十分でしょ。
今曲でノレない瞬間なんてコンマ一秒もないもん!全部好き!


ただ強いて言うなら2番Bメロ、谷山紀章の「ヴィーナスなんじゃない??運命にしない?」がね、何度聞いてもいい。
あのワンフレーズに、私の好きな谷山紀章のボーカルテクニックが全て入ってる。

本当に怖いぐらい全てだよ。
あの一秒をずっと愛せる以上、この先一生、ボーカリストである彼のことも愛せると思う。それぐらいにツボ。

間奏のエレキソロも最高。ラストのシャウトも最高。全てが最高。
私と出会ってくれてありがとう、パラホス。
あなた達のことを、今更だけど知れて良かった。

 

 

2021年で更新停止しちゃってるけど、MV以外で上げられていた公式動画のセンスも好きだよ。
パラパラ×ホストのパラホスならぬ、パラパラ×エクササイズのパラエク動画として、7分のトレーニング動画作ってくれるところとか……。

こういう動画や、各曲のソロ別バージョンの多さから、制作陣側の愛と意気込みがあったことはひしひしと伝わってくるんですよ。

それが分かるだけに、当時の売上に貢献出来なかったことがすごく残念。
2020年の時点で出会えていたら、ちゃんと発売日当日にCDも買ったよ。

クラファンでも何でもしてくれていいから、 2nd season が開幕してくれないな〜。
貢ぎたいよ、私だって。この6人と、このユーロビートに。

 

 

余談

パラホス楽曲全てに編曲なり作編曲なりコールなりで関わってる彦田元気、私が大好きだったソシャゲ『快感フレーズ CLIMAX』で2つの神曲を作り出してくださった方なので、今作で再会することが出来て嬉しい。すごくすごく嬉しい。


いや〜〜〜、本当に好きだったんですよ!
彼が担当してくれたF★lightの『Galaxy Dream』と『Spark in the night』が!

Galaxy Dream from 快感フレーズ CLIMAX

Galaxy Dream from 快感フレーズ CLIMAX

Spark in the night from 快感フレーズ CLIMAX

Spark in the night from 快感フレーズ CLIMAX

  • provided courtesy of iTunes

快感フレーズ CLIMAX』のミニアルバムが出るっていう情報が出た時、「買ってね!」っていう個別記事まで書いたんだぞ!

『Galaxy Dream』はもちろんだけど、初めて『Spark in the night』の衝撃は今でも忘れられない。
イントロからアウトロまで、本当にシャンパン弾けるような夜だったもん。

ちなみに『LOVE JACKAL』で作編曲を担当してる齋藤真也も、アニメ『アムネシア』OP、やなぎなぎZoetropez』を作編曲してくださった方なので、こちらもこちらで感慨深い。

Zoetrope

Zoetrope

  • provided courtesy of iTunes

やなぎなぎの楽曲の中でもベスト5に入れるぐらいには好きな曲です。