幼女が強い!!フリーゲーム「ダアトの神」【感想】

腐女子がゲームの感想を書くよ」のmekkoさんが猛烈な勢いで勧めてくださったので、鴇田様制作ADVフリーゲーム「ダアトの神」をプレイしました。

 

あはははは!
めっっっっちゃくちゃ面白かったです!
ド性癖でした!!
  

1周目「おお、面白いやんけ!」
2周以降「!?!?!?!?!?!

ってなるゲームです。
というわけで、以下ネタバレ感想

 

 

こういう、ループものADVって大好きなんですよ。
例えば、本や漫画は、ページ数って決まってるじゃないですか。
映画だって、アニメだって、映像作品なら再生時間は開始ボタンを押した瞬間に分かる。
コンサートだって、ミュージカルだって、開演時間が分かれば終演時間もおのずと目安がつくけど。
ゲームは、そうじゃない。
ゲームだけは、そうじゃないんだよ。

何度も、何度も、何度も。
あたらしい「はじまり」と違う「おわり」を見せてくれる。
繰り返される「つづき」の中で、どこを走っているのかも分からぬまま、進んでいく語り部を追いかけて、辿り着く果てに、見える景色がある。

ゲームだけがもたらしてくれる物語展開が、私はずっと大好きだったから。
「ダアトの神」というゲームをプレイ出来てよかったです。
ありがとう、本当にありがとう。
主人公の瞳が宿していた幾通りもの光を、攻略対象が求めた何通りもの救済を、プレイヤーである私にも見せてくれてありがとう。
こういった奇跡に出会えるから、やっぱりフリーゲームって大好きです!!!

 
システム的に好きなのは、今挙げた周回要素と、反省会。


ENDを迎えるたびに、弟or妹ちゃんが反省会をしてくれるんですけど、私は反省会のあるゲームは有無を言わさず名作だと思ってるので!!嬉しい!

キャラで言えば、ラビちゃんが一番好きです。
にぱーっと笑う女の子。
誰よりも頭が良くって、そして、誰よりも『じぶん』より『あいて』の幸せを願う女の子。

永い時間の中で、わたしたちはみんな、ちがうものにとらわれて、もがいて、苦しんでいる。
みんな、それぞれちがった『救い』をもとめている。

彼女の強さが好きです。
好きな人に、好きな理由を、花の咲くような笑顔で伝えられる、彼女の光が眩しい。
その光の眩しさに、少し涙ぐんだほど。
ゆえにカップリングも一番好きなのは、この2人です。

わたしは、ロボちゃんにわらっていてほしい!
『わたし』を見つけてくれたロボちゃんに、今度はわたしが幸せをいっぱいあげたいの!

ロボちゃん。
この広い宇宙で、この長い長い時間の中で、『わたし』を見つけてくれてありがとう!

あ~~~~~~~~~~~~~(大号泣)!!
かわいい!!!!つよい!!!!

あとこの2人って百合ですよね!?!?!??!?!?!

 

私はヤンデレホモも好きですが、それ以上につよい百合が好きなので……ド性癖です…。
私の方こそ、この広いネットの世界で、この多い多いフリーゲームの中で、『ダアトの神』を見つけさせてくれてありがとうって言いたい。
ラビちゃんの言葉のおかげで、このゲームをプレイしている時間、一秒一秒を愛しく思うよ。
ラビ×ロボ、幸せになってくれ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!


ストーリーは、簡単に言うと箱庭もの、なのかな?
セフィとラメドは主人公への恋しさゆえに、<ダアト>という無間地獄を肯定した。
その執着に惹かれるものはあるけど、個人的な心情としてはルッツに同意。

団長は、……おかしいんだよ。狂ってる。
この世界を、自分と主人公だけのモノだと思ってる。

正論~~~~!!
いや、ほんと、そうだと思うよ。私も。
そこがいい!!!って言う人の気持ちもわかるけど、個人的にはやっぱりちょっと、うーん……ってなるかな。

そんな個人のBL嗜好はさておき、『ダアトの神』SF的にも大満足の、超優良神フリーゲームでした。
おすすめしてくださったmekkoさん、本当にありがとうございました!!!



ちなみに、今作のループ仕掛けが好きな人は、空色天体博物館様制作「コッペリアの墓標と廻る恋の話」もきっとハマると思うのでぜひ。

繰り返される「はじまり」の中で、最高に後味の悪い結末に着地する”恋”の物語です。