「竹画廊 レターブック」、最低2冊は絶対に買え!!

 

竹画廊レターブック

「竹画廊レターブック」買いました。
いいですか、何があっても最低2冊は買ってください!!!!

 「全180ページ フルデザイン×リバーシブル印刷」のクオリティ、まじ半端ないんで。

 

まずはAmazonで一冊注文したんですけど、届いてぱらぱらめくった次の瞬間にはもう一冊買いました。
使用用と保存用の2冊です。
「もったいなくて使えない〜〜〜」なんて言ってる場合じゃないんだよ!!!
この本の1ページ1ページがここまで凝っているのは、使ってもらうためって、手に取れば痛いほどに分かるんですよ。
デザイナーと印刷所の執念すら感じるこの超絶クオリティは何のためなのか。
眺めて終わり、本棚に閉まって終わり、一人で楽しんで終わりの「画集」ではなく、「レターブック」として発行された意味を、1ページ1ページがなぜ便箋として使えるようになっているのかを考えて欲しい。

誰かに手紙を書くためなんだよ。
言葉を伝える便箋として、誰かと誰かを繋げるためにこの1ページを使ってほしくて、こんなにもこだわられているんだよ。
クリエイターやデザイナーの、良心の産物でしかないこの本。
ほんと、はちゃめちゃに売れて欲しい。100万冊売れてベストセラーになって欲しい。
だからお願いです、西尾維新の「戯言シリーズ」とか「刀語」とか、渡辺浩弐「ゲームキッズ」シリーズの挿絵がほんの少しでも好きだった人は買って。2冊買って。

 
ただ切り離す時は、カッターと定規が必須。
レターパッドのようにはなってないです。あくまで本。
電子レンジでチンしてノリを溶かしてから、切り離してもいいとは思うけど。