Rejetから出てるシチュCDのPVについての雑感

「RejetのシチュCDの主題歌って推せない!?推せるわ!」と天啓を受けて、全作品のPVを見た。

2011年:1作品 2012年:2作品 2013年:7作品 2014年:11作品
2015年:13作品 2016年:19作品 2017年:10作品 2018年前半:5作品

計:68作品。取りこぼしがあるかもしれないが、おおよそ網羅出来たのでは。
そもそものきっかけは、2015年の1位にもした、真山りか「イー・アール・サディステック」(『ミッドナイトキョンシー』PV)を目にしてしまったこと。
乙女ゲームOPオタクだったから、シチュCD PVオタクになるのも早かった。

ただ奇跡みたいに豊作だったのは、2015年と2016年だけだったかな。
2014年以前は、今見ると映像が物足りなく感じるし、2017年は主題歌が付かなくなって、言葉通りの宣伝映像になってしまった。
2018年で再び主題歌が付くようになったが、それも5作品中1作品の事なので、発展は見込めなさそう。

出来ることなら一昨年ぐらいに、RejetのシチュCD PV界が、こんなにも素晴らしい世界だったことに気付きたかった。
アニソンオタク時代に好きだった制作者をここで何人も見かけたし、新しく名前を覚えた作詞・作曲家達もたくさんいる。
私はこれからも、hotaru × yamazoや佐々木恵梨、onokenの新曲をシチュCDのPV付きで観たかったけど、たぶん叶わないんだろうな。
(『十狂セメタリー』で亜咲花が来てくれたのはめちゃくちゃ嬉しかった)

ひとつ言うなら、PV制作会社もどこかにクレジットして欲しかった!
中山尚司(HISASHI WORKS) と、株式会社 キュードットが担当したものだけしか追いきれてない。
『幽玄ロマンチカ』や『クリミナーレ』シリーズの映像とか、絶対腕のいい所が作ってるはず。
ちょっと諦めきれない。本当に知りたい。
Rejet Sound Collection vol.4 が出てほしいのと同じぐらい諦められないわ。

サウンドコレクションは、vol.2とvol.3を買った。
どっちも同じぐらいリピートして聞いてる。素晴らしく良い買い物だった。
なので4を、どうか4をお願いします。
『ミッドナイトキョンシー』シリーズのFull.verも、本当に…マジで……
Zweiの『Fallen Angels Night』が2年越しで、アーティスト名義のミニアルバムに収録されていたので、希望が無い訳じゃないんだよ。