完結編で「これから頑張る」はない vita「シャリーのアトリエ Plus~黄昏の海の錬金術士~」+サントラ感想

シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~ - PS Vita

 
黄昏シリーズ完結作。
一周目:シャリステラ、二周目:シャルロッテでプレイ時間36時間。
トロフィーは73%。これから取る気は全く無い。
個人的にはTOP of 微妙ゲーだった。
好きなところも、面白かったところもある。
ただそれ以上に「駄目だこりゃ」という結末と序盤から中盤にかけて無の時間が長すぎた。
無:良点:悪点の比率で言えば、5:3:2
燻り続けた種火が燃え上がろうとしたものの、水をぶっかけられて終わってしまうような惨めさ。
 
そもそもエンディング数が少ない!
シャリステラで2+シャルロッテでも2、トゥールENDで1の計5つ。
キャラ別ENDもなければ、女子会&男子会のエンドもない。
アーシャで9、エスロジで11はあったスチル付きエンドが半分に減っている。
ダブル主人公だと言うのに、一人につき2。
私が『黄昏』シリーズに求めているのは、左によるスチルとフィールド探索の楽しさだから、不満点が残る。
印象に残るフィールドも特になし。
「弐番館」とか「イグラシドル・花の小径」とか「隠された楽園」とか、アーシャが魅力的すぎた。

で、何より微妙なのはストーリー。
止まらない滅びである『黄昏』の原因も答えも提示されてはいたのに、主人公達は手を伸ばさなかった。
伸ばさせなかったのが、アーシャのアトリエに登場し味方陣であるはずのキースグリフという……。
続編もので前作のキャラを嫌いになってしまうのは、どうなんだろう。
1周目終った後には、キースのことが大嫌いになっていたので2周目も苦痛。
アーシャの時は好きだったのになあ……あとカトラも。
他キャラについて、エスカとロジーは相変わらずだし、ホムラは変わらずめちゃくちゃ可愛い。
ダメージを受けた時の「いたい」なんてね、可愛すぎる。
シャルロッテの師匠を頑張って努めようとする、ウィルベルへの好感度もかなり上がった。
新規キャラもおおむね好きだな、その店は流石アトリエシリーズ、外さない。
 
『黄昏』シリーズを通して、シャリーが1番を取れるのはやはり音楽か。
MARIA ORIGIN」と 
MARIA ORIGIN

MARIA ORIGIN

  • 阿知波大輔
  • サウンドトラック
  • ¥250

雲烟飛動」のためにサントラを購入したし、

雲烟飛動

雲烟飛動

  • 浅野隼人
  • サウンドトラック
  • ¥250

逃げ水の門」などもすごく良かった。

逃げ水の門

逃げ水の門

  • 柳川和樹
  • サウンドトラック
  • ¥250

ただボーカルアルバムに関しては、やはり私の中でエスロジが群を抜きすぎてる。

でもED映像は、今作のほうが感動した。
そりゃあ今までのキャラほぼ全員出されたら感動しないほうがおかしい。
だからこそ、ここまで映像で「完結です!」的な雰囲気を出すなら、ストーリーもそれに見合ったものにしてほしかった。
 
以下、ストーリーネタバレ+サントラ簡易感想。

 

全10章のうち、1〜8章までは無、9章はすごく良かったが、終章でこれまた無。
 
9章はすっごく私好みの展開で、この話があっただけでも、私はシャリーのアトリエをプレイしてよかったと思っている。
前時代の錬金術士によって造られた、浄化装置の稼働が『黄昏』の原因の一つだと判明する。
自然を使い果たし、滅んだ人間の業が今なお続いている。
結局、シャリー達は前時代の僅かばかりの恩恵を受け、多大な犠牲を払って尻拭いをしなければならない。
そんなやるせなさと理不尽を、受け入れるとシャリー達は決めた。
このイベントに関しては、ミルカとジェラールの言動に、高潔さを見たように思う。
私たち人間は、責任を取らなきゃいけない。せめて、そのくらいの恥を知るべき」(ミルカ)
私とて、本当の意味で枯れ果てたこの街を見たくなどない。…君たちの好きにしたまえ」(ジェラール)
 
だからこそ、終章のキースグリフによる管理装置再起動でズッコけた。
お前みたいな錬金術士が修繕を繰り返してきたから、またそれが故障した時に未来の世代が苦労するんだぞ!?
キースへの信頼が、ここで急に馬鹿みたいに思えてしまったのがキツイ。
人類を憎みながらも、やっていることは旧人類と同じで、水を枯れさせないという言い換えれば目先の利益を追った。
CV.中田譲治と左によるビジュアルに騙されていたが、まさかこいつ優しいんじゃなくて少女に甘いだけでは……。
再起動に伴い、ルギオン村とステラードの結末も「これから頑張る」
……完結編だと分かって言ってるのかな。
管理からの脱却を世界は望み、シャリー達はそれを受け入れた。
ならば2人のシャリーは、キースが何をしようと装置停止を敢行するべきだったと私は思う。
これではただキースに師事し、キースに全てを任せる女の子のままではないか。
日和って終わってしまったという失望感に加え、その無力さが悲しい。
 
周辺のサブストーリーというかイベントはグッとくるものが多かっただけにね。
各々のキャラクターが、自分の問題に対し、きっちり答えを出して進んでいたところが好きだ。
人工生命体でどんな気分がすると問われたホムラは
おまえ くらいやつだろう  だれか のぞんで うまれて きたやつなんか いるのか?
中央に留学するチャンスを与えられたミルカは
よく知らないだれかのためじゃなくて、この街の、大事な人たちの役に立ちたい」と言い切った。
彼らは大切なものを大切にして、見失わなずに生きてきたんだなあ、偉いなぁ……なんて涙ぐみそうになったり。
 
シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~オリジナルサウンドトラック

シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~オリジナルサウンドトラック

 

サントラ収録はPlusからの追加曲を除き、全91曲。
3枚組み+スリーブケースとかなりの豪華仕様となっている。
ただブックレットは各キャラ画像より、ゲーム内で読めた作曲家コメントを載せてくれた方が嬉しいかったな。
個人的に気に入った曲が青字、聞くだけで痺れる曲は赤字。

【 Disc 1 】

1. Rusty Sky
2. 逝水
3. 白砂の少女 
4. 船の上の錬金術
5. せつめい!
6. 砂海~シャリステラ~
7. Stella ~その1~
8. 役目を果たすその日まで
9. のんびり話しましょ
10. 豊かな水の街
11. 青空とホウキ娘
12. 鼻歌響く工房で
13. 砂海~シャルロッテ~
14. 砂海のハンターたちの歌
15. 小手鞠
16. いいこと!
17. 昼凪を送って
18. Sweep! ~その1~
19. まだまだ稼ぐよ
20. ポンポコマーチ
21. おしらせ!
22. わかんないんです
23. 砂海~砂漠~
24. 戦士の休日
25. 光遊走子
26. 双剣と絵本
27. 逃げ水の門
28. 大脱線マーチ
29. Scorpio
30. けっかはっぴょー!
 
【 Disc 2 】
 
1. ふたりはシャリー
2. おぼえよ!
3. 雛鳥 ~Part3~
4. ツバ飛ばしの会長
5. 焔
6. 砂海~植物~
7. Stella ~その2~
8. 雛菊と鈴掛
9. 魅惑のビーチクイーン
10. おーぷん!
11. 砂海~廃墟~
12. Sweep! ~その2~
13. 軋み
14. 黄昏へ挑む者たち
15. 砂竜を止めろ
16. 雲烟飛動
17. 青春オルゴール
18. つづくよ!
19. えっとなんだっけ
20. 砂海~交易所~
21. 夕暮れと砂時計
22. おやすみ!
23. Crystal Dance
24. 赤光
25. 探求者のタンゴ
26. 遺された感情の中
27. タコ殴り
28. 母の願い
29. 扉をあけて
30. Aquamarine -Game Version-
 
【 Disc 3 】
 
1. MARIA ORIGIN
2. 砂海~洞窟~
3. 刻の雫
4. 眠る蔓
5. Stella ~その3~
6. 忘却の闇
7. 珊瑚の見せた幻
8. 砂塵
9. Sweep! ~その3~
10. 水の聖域
11. 夢敗れて
12. 滲む砂
13. Automata Song
Automata Song

Automata Song

  • 柳川和樹
  • サウンドトラック
  • ¥250

14. 古道にて
15. Aquarius
16. primordial
17. まだまだつづくよ!
18. Narcolepsist
19. 海嘯
20. 船の上の錬金術士 ~epilogue~

船の上の錬金術士〜epilogue〜

船の上の錬金術士〜epilogue〜

  • 浅野隼人
  • サウンドトラック
  • ¥250

21. 鼻歌響く工房で ~epilogue~
22. Rusty Sky ~epilogue~

Rusty Sky〜epilogue〜

Rusty Sky〜epilogue〜

  • Sen
  • サウンドトラック
  • ¥250

23. Last Wanderlust
24. FJ:イニシエイトグラム
25. FJ:バーニングフラム
26. FJ:フルオート
27. FJ:シークレットアーツ
28. FJ:フェイタルブロー
29. FJ:神撃の槌
30. FJ:ホム式無双乃太刀
31. FJ:ハンドオブダスク

 
気に入った22曲の構成としては、作曲:阿知波大輔が9曲、柳川和樹が10曲、浅野隼人が3曲だった。
ガスト信者にでもなると、聞いた瞬間にもう作曲が誰か分かるようになるのだろうか。
 
何やかんや言ったが、私はずっと『黄昏』シリーズのことが好きだと思うので、もうそれでいい気がする。
次はアーランドシリーズに手を出してみようかなあ。 

 

 

 

 

 
広告を非表示にする