ハイカラ好男子ADVの名は伊達じゃなかった vita「明治東亰恋伽 Full Moon」感想

明治東亰恋伽 Full Moon

個人的お気に入り度 3.8 / 5
 
かねてよりやりたいと思っていためいこいの移植作、vita「明治東亰恋伽 Full Moon」をトロコンした。
プレイ時間は一人あたり1時間半×8人で約10時間ほど。
キャラとかストーリーとか、良かったところは色々あれど、とにもかくにもOP!!
アリスフロムジャパンによる3種類のOPが、おまけのムービー鑑賞で手軽に見えると気付いた時点でもう元は取れた。
 


初見時「は〜〜〜〜、よく分かんないけどみんなイケメン」
フルコン後「私の旦那様達素敵すぎ♡♡♡」
 
上記のOPにビビッときた方ならプレイして損はないと太鼓判を押す。
私も1つエンディングを迎える度に、ムービー鑑賞をしていたので28回は絶対に観た。
それぐらい、松根マサト監督の映像とMIKOTOによる曲がツボなのだ。
一人を攻略する度に、OPで格好つけてる彼らが本当に格好良かった事実を噛みしめ、彼らがさっき囁いてくれた甘い言葉を反芻しニヤニヤする。
そのニヤニヤこそが、私に「めいこいをプレイして良かった!!」と思わせてくれる時間だった。
本編をプレイしなければ、25秒あたりで対照的に映しだされる物の怪が各2人の共通ルートを示している事も、35秒で藤田のサーベルに女の瞳が反射し光る意味も分からなかった。
いや、未プレイの時点でキャラ全員の目パチ&口パクにうっとりしてたけど!!
恋伽の君」で主人公グラが浮かぶところも、ラストは鴎外の指で締めてくれるところもグッときてたけど!!
本編を知れば知るほど上記の、いや収録されている3種類のOPの良さが迫ってきて苦しいぐらい。
出てくる登場人物達全員と恋をして、全員からプロポーズされた後に見ると、そりゃ「私の旦那様達素敵すぎ♡♡♡」ぐらい言いたくもなる。
 
無印のOP1&Full Moon OPはとにかくKENN「東亰浪漫譚」が好きだ。

サビのストリングスが漂わせる切なさに、どうしようもなく泣けてくる。
その雰囲気に浸りたい、明治の世界へ行きたいと望ませてくれる曲だ。
あ〜、でも藤田のサーベル一回転も色っぽくていいし…なんかもう、いいとしか言えない。すごく好き。
 
攻略した順番は、小泉八雲→藤田五郎→川上音二郎泉鏡花→岩崎桃介→森鴎外菱田春草→チャーリー。
8人と結構多人数な印象を受けるが、どのルートも全員めちゃくちゃ甘い。
出会った瞬間から好感度80か!?と突っ込みたくなるぐらい、とにかくべったべたに甘やかしてくれる。
そういうところも、めいこいの好きなところだ。
何なら主人公の方からももっと甘えればいいのにと思うぐらい、私は甘やかしてくれる男が好きだ。
なので好きなキャラは…8人全員好きだから何とも。
ただ特に「私の旦那になってくれ…」と嘆願したくなったキャラを3人挙げるなら、上から順に、小泉八雲、岩崎桃介、藤田五郎。
ま〜〜〜〜〜とにかくみんなタイプの違うしっかり者で、なおかつ可愛い。
その可愛さには参るわ、特に小泉八雲!!!
 
という訳で、ここから攻略した順のネタバレありのキャラ別感想。
と言ってもキャラごとの印象は、ノベライズを先に読んだ時から特に大きな変化はないので手短に。

本編をクリアした後だと、ノベライズの構成もかなり上手かった事が分かる。
ちゃんと個々のイベントを拾い見せ場を作りつつ、ラストは鴎外で締めている王道さがいい。
座敷で鴎外と鉢合わせした場面は、ノベライズオリジナルなのだろうか。
あそこで雄大な態度を崩さない鴎外にすんごい萌えたから、やっぱりノベライズも読んでおいて良かった。
 

 

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165123p:plain

単に可愛いと思っていたら、垣間見せた執着の強さにやられた
ノベライズ感想の方で、「ただハイテンションに「主人公のことが好き!!」とまくし立ててくれるのが嬉しい。
ここまで褒めちぎられたら、こちらも彼を超褒めたくなるし甘やかしたくなる。
下巻の第3章では、もう明日の鹿鳴館パーティーなんて放っといて、彼と帝国ホテルにしけ込もうぜ!とまで思った。」
と書いたが、本編でその願望が叶えられて良かった。
身柄を引き取ってくれた時には「今すぐお礼を体で払いたい…払わせてくれ…」と呻く程、好き。
3日目にして「ドアを開けると『おかえりなさい』と言ってくれたるすらびに、しみじみと幸せを感じてしまうのですよ、お恥ずかしながら」と好感度MAXレベルのことを言い、1年後も記憶が戻らなかったらお嫁サンになってくれとプロポーズめいた約束も難なく交わしてくれる。
そういう無邪気なところが好き(2回目)。
更に、その上で「まあまだお若いから無理もありませんが、実際のところ1年などあっというまですよ。
私の見立てだと、貴女は高確率で私のお嫁サンになってしまうます」と続けてくる所も最高。
もう今でいい、今すぐお嫁サンにしてくれ〜〜〜〜と呻いたぞ(2回目)
話の展開もかなりギャグ寄りで、読んでいて楽しかったのも好印象。
見知らぬ日本家屋に連れて行かれ、「カフェ・フジタです」と紹介された時は、さすがの私も時が止まったもの。
特に好きなやりとりは選択肢で、フェアリーという呼び名を止めないと絶交ですよと言った時のもの。
はぁ……貴女は残酷な方ですねえ。絶交とか言えば、私がなんでも言うことを聞くとでも思っていらっしゃるのでしょう
「べ、べつにそこまで思ってないですってば」
もういいです。はいはい、正解ですよ」のいじけ方が可愛すぎる。
投げやりになった時ですら主人公にここまで甘いか〜〜〜お前〜〜〜〜。
ただ真に心を撃ちぬかれたのは別離エンドの台詞だったりする。
……願わくば、そんな宝物をもっと集めて、貴女と2人だけの王国を作りたかった
こ、ここでそんな感情をぶつけてくるかと、動揺。
小泉八雲は確かに子どもっぽくて、藤田に対する嫉妬も顕著だったが、その分だけ抱えている独占欲も純粋で深かった。
ギャップに萌えたというより、彼の執着に気付けなかったという事が衝撃だった。
主人公のことを好きだ好きだ言っていたけど、本当にそこまで好きだったんだと。
Afterでも、番の蛍が入っている虫カゴを前にそんな台詞を言っている。
もし私が蛍だったら、むしろこの虫籠のような狭い中で、残りの余生を伴侶とともに過ごしたい……そう思ったのです
 この中なら誰にも邪魔されず、ずっと貴女を独占できる。これ以上に幸せな環境など、私には見つけられそうにありませんから」
と、こんな事をあのハイテンション物の怪オタクである彼から聞けるのが、たまらなく気持ち良かった。
私の旦那様にしたいめいこい攻略対象、堂々第一位です。
 
 
藤田五郎 CV.福山潤

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165216p:plain

八雲曰く、むっつりポリスメンの彼、最高じゃないですか?
中盤までは「八雲ルートかな、これ?」と思っていたが、終盤はしっかり恋愛してくれていて良かった。
特に別離エンドの言葉が、すんごい切なくてグッときた。
どのみち、永遠などありはしない。
 別れから逃れられる者はいないことを、俺は誰よりも知っている。
 ただその別れが、今回は思いのほか早く……つい、心の準備をし損ねた。
 今度ばかりは、うかつだった自分を責めるだけだ
もう、行け。俺はおまえの手を引いてやることはできん。
 だがおまえは、帰り道がわかるのだろう?
新撰組である彼だからこそ言える言葉だ。
その上、エンドを迎える前に「おまえが懐かしむものの代わりに、俺はなれん。だがおまえを奪おうとするものとなら、俺は戦える」とまで言っていてくれただけに別れの痛切さが染みる。
他に八雲や岩崎と組んでギャグ要員にもなるし、何よりOPでの彼がむちゃくちゃ格好いいのでもうそれだけでいい。
旦那になって欲しいめいこいキャラ第2位です。
いや、まあ理由は説明しなくてもプレイ済みの方なら分かるはず。
 
 

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165240p:plain

保護者立場の男に、じわじわと迫られる感じが良かった。
姉御肌の性分もあり、全体的に安心してプレイ出来た。
……それぐらいかなあ、萌えたんだけど予想の範囲内の萌えというか。
六畳一間のあんな狭い部屋でも、俺は結構幸せだったんだ
持ち主が現れねえんじゃ、拾ったやつのものになるしかねえ。そうだろ?
……過去のことなんざどうでもよくなるくらい、すげえ未来を見せてやるからさ
あたりの台詞はお気に入り。
 
 

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165316p:plain

ノベライズ版だとキツイ物言いの彼だったが、本編だと3日目でもうデレはじめていた気がするぐらいチョロかった。
チョロ可愛い。
彼はAfterでの、結婚にこだわる言動が好きだな。
で、でももういまさら遅いから!
 このごに及んで婚約を取り消すとか、もうできないから!無理だから!
結婚さえしてしまえば、ずっとあんたと一緒にいられるって…
 そんな保証、どこにもないってわかってるのに。
 それでも思いつく限りのことを、全部やらなきゃ気が済まなかったんだ
らへん。
告白時の「僕が勝手に、あんたを好きなだけなんだよ……っ」も可愛かった。
 
 
岩崎桃介 CV.細谷佳正

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165454p:plain

レイトン教授シリーズにいそう(偏見)
声の抑揚とか声音がすごく「レイトン教授」シリーズに出てくるキャラっぽい。
この感覚、分かる人は分かると思うんだけども。
(※細谷佳正レイトン教授シリーズに出演していません)
属性的には金持ちの優男風男子。旦那にしたい攻略対象第2位です、おめでとう。
彼の何処が好きかといえば「おわかりですか。あなたの時間を、わたしが買ったんですよ」と言えど、心までは買おうとしなかったところだ。
別離エンドの際ですら「……その代わり、教えてください。いくら出せば、あなたは今夜私と一緒にいてくれるんでしょうか?」と言った。
金は手段でしかないと分かっている投資者ならではの言い回しだと思う。
そこのわきまえた姿勢が、知的階級者っぽくて胸キュンした。
八雲の博識さに感じたものとは、また違った種類のときめきだ。
ただただ物の怪が好きという理由で知識を追求した八雲に対し、岩崎の動力源にあるのは復讐だった。
そういうインテリ男の冷めた視線ってぞくぞくしません?私はした。
故にAfterで、主人公のためにエレクトリック・グリドルを開発してきたところに、もうにやにやが止まらなかった。
そりゃ主人公も「そこまで考えて開発してくれたなんて、この人は一体何度私をときめかせたら気が済むんだろう」ぐらい思うよ!!
主人公を喜ばせたい→肉を焼けるホットプレートを作ろう、という思考も可愛いのに、それを実現できる頭と技術力まで合わせて持っているんだからたまらん。
いい旦那様になるって絶対。
 
 

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165518p:plain

特技:躾
と掲げる通り、自分が鴎外好みの女子になるよう、躾直されるAfterがすごく良かった。
『ごめんなさい』のあとに『あなた』をつけるとより効果的だ」やら
こらこら。『主人がいつもお世話になっております』だろう?」やら
こら、鴎外さんではなく『あなた』と呼びなさいと前々から言っているだろう」やら。
優男のように見えて亭主関白、それでも優しい旦那様というのは萌える。
それに加え、赤髪ちょっとロン毛+金眼というビジュアルがまずツボ。
メイン攻略者だけあって、スチルも美麗なものが多かった。
特に好きなのはプロポーズのシーンと現代で主人公をお姫様抱っこしているシーン。
目を閉じていてもイケメンだな、旦那様!!とニヤニヤしたことを覚えてる。
あとは、別離後の「なにせ突然現れたと思ったら、突然消えて。幸せな夢ではあったが――どうも目覚めが寂しくていけない」がお気に入り。
言い回しが浪漫に溢れてて雰囲気あるし、切ない。
 
 
菱田春草 CV.KENN

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165608p:plain

間男でこそ輝くタイプ
彼のルートに関しては、CV.KENNが「おら!萌えるだろ!」と声の暴力で殴ってきた印象が強い。
そりゃCV.KENNに「君のことが好きだ。自分でも驚くくらい」なんて言われたら「ううっ…ありがとうございます…」と返すしかない。
ただ彼の言動で一番萌えたのは鴎外ルートの終盤。
鴎外さんのこと諦めるの?」「え?」「だったら――」と一瞬だけ抱きしめてきた場面だ。
鴎外ルートなんだから、主人公は鴎外に惹かれており、名実共に彼の婚約者になるのは決定事項で。
その隙を突くように、主人公を抱き寄せた彼にすんごい萌えた。
すんごい萌えた(大事なことなので)。
あれだけすました顔しておいて、尊敬している男の婚約者に横恋慕していたという事実がやばい。
鴎外さんといる時は、もっと自然に笑ってるだろ。ああいう顔しなよ。…できるだろ。今だって」とねだっても。
「彼女は、僕の婚約者だ。それだけは忘れないでもらいたい」と鴎外に釘を指されて、はいと答えるしかなくても。
結局は他の男の妻となる主人公を、それでも奪おうとしたあの一瞬が煌めきすぎてる。
個別ルートにある「君、なんだかんだで素直だよね。そういうところが、ずっと好きだった。……って言ったら驚く?」という台詞に、鴎外ルートの彼を観た後だからこそ、涙が滲んだ。
鴎外ルートの春草も、たぶん同じ気持ちだっただろうに。
だからこそ、素直に鴎外に懐いて、素直に鴎外を好きになる主人公をどういう思いで見ていたのか、なんて考え始めるとやばい。横恋慕最高。
 
 
チャーリー CV.森川智之

f:id:iroribatadanngisitu:20160904165645p:plain

このルートだけは、序盤の主人公とチャーリーのテンションについていけず、そこまで面白くなかった。
ギャグは感性が合ってないと寒いだけだな。
ただ別離エンド「君ガ僕ヲ忘レテモ」というトロフィー名と、Afterの牛丼店話は好きかも。
明治で過ごした日々を忘れて、生きる。
それはまんま、プレイヤーとこのゲームの関係に対しても言えることだろう。
20年後「明治東亰恋伽」の存在を覚えているかと言われたら怪しい。
「あ〜、フルコンしたけどあんまり覚えてないや」と私が感じる通り、主人公も「あ〜、明治に行った事あるけどあんまり覚えてないや」となるのだろう。
それでいいと思う。
薄れてゆくから、美化されていくもんじゃないですか、思い出って。
 
 
以上。
ダウンロード配信されているFDも買おうか、とも思ったが、岩崎桃介を加えたvita移植を信じて我慢。
製品アンケートにもFDのvita移植を希望していると書いたので、ぜひとも実現してほしいところだ。 
明治東亰恋伽 トワヰライト・キス 通常版