アニメ「対魔導学園35試験小隊」ED いとうかなこ「Calling my Twilight」感想

 

TVアニメ「 対魔導学園35試験小隊 」EDテーマ「 Calling my Twilight 」


個人的お気に入り度 4 / 5

2015年秋アニメの一つ「対魔導学園35試験小隊」EDであり
いとうかなこの27thシングルでもある「Calling my Twilight」。
アニメ本編は観ていないものの、アニソンとしてのくくりで耳にした際、
非常に魅力的だったので聞いてみた。

ストリングスやらギター、アレンジに使われている音が全て尖りまくったアレンジ。
ガチャガチャしているというか、ガキガキ感たっぷりの雰囲気なのだが、これがたまらん!!
アニソンとクラブミュージックとロックが絶妙に入り混じっているような印象を受けた。
単なる萌え声ではない、いとうかなこ氏の歌声も一つの楽器として曲内にはめ込まれているイメージ。
間奏やイントロで繊細さを垣間見せることも忘れていないし、
CP曲はシンプルめなバラードで差別化を図っているところにも好感が持てる。
「これまたすごいアニソンがきたなあ…!」と思わせてくれる一枚だった。最高。

 

 

1.Calling my Twilight

イントロのストリングスから「優美系か?」と思わせておいての、ゴリゴリなエレキギターが流れ出すAメロがたまらん。
繊細さと強引さと切れ味をにじませた他にあまり類を見ないイントロだと思う。
この時点で「最高かよ…」と思った。何だあのイントロ、卑怯すぎる!!
テンションを保ったままサビへと駆け抜けていってくれるメロディーも最高だ!!
時を止めて 戦いは今 ボクらの手に」というフレーズも格好いいし
いとうかなこ氏の低音系歌声もその格好よさをしっかり表現しきっている。
どこか無表情に感じる声だからこそ、
エレキギターがもつ冷たくも激しいクールさに上手くマッチしているのだろう。
自分がもっとギターに詳しければ、この格好よさを上手く言葉にできるのだろうが…
とにかくテンションMAXになれるハイパー格好いい曲だった。


2.cherish

タイトルの意味は「(子供やものを)大事にする」
アニメ本編を見ていれば感動できるタイトルなのだろうか。
前曲とは対照的に、オルゴールの音が子守歌のような優しさを醸し出すイントロ。
アコースティックギターを用い、楽器の数も前曲よりは分かりやすい。
1番と2番間にあるエレキギターのソロからも伝わるように、シンプルなバラードではあるが大人しくはない。
なんだか夕暮れのような寂莫感を感じる一曲。

 

 

3、4曲目は各曲のインストで5曲目はタイアップ先の特典ミニドラマなので省略。
このミニドラマ商法、「プラスティックメモリーズ」EDでも見かけたし、流行っているのだろうか。

いとうかなこ氏の名前だけは知っていたが、曲をじっくり聞いたのはこれが初めてだ。
18禁ゲームScholl Days」の挿入歌「悲しみの向こうへ」を耳にしたことがある程度である。
今回の曲でかなり好みの歌声なのが判明したので、もし機会があったらベストアルバムでも聞いてみたいと思う。



↓ プラメモED。この曲も透明感のある歌声とアレンジでかなりのお気に入り

Ring of Fortune

Ring of Fortune