アイドルソングとしてあるべき歌 KAT-TUN 「In Fact」 感想

 

f:id:iroribatadanngisitu:20150827095921j:plain

 

個人的お気に入り度 4.5 / 5 

 

ジャニーズのなかで一番好きなグループが KAT-TUN だ。
特に2014年から4人体制になったあとリリースされたシングル3枚がどれもすごくいい。
初期からはだいぶ落ち着いた印象になりながらも、持ち味は損なわず、お洒落に仕立て上げているところがたまらない。
今回はその第一弾シングル「In Fact」の感想を書いていきたい。

 

 

1.  In Fact

歌詞がすごく好みの曲。KAT-TUN史上一番かもしれない。
未来へと突き進むことより、過去へ立ち返ることのほうがよほど勇気のいることもある。
それを「帰ろう 僕らは 僕らのあるべき日まで」と言ってくれるところが非常にいい。
過去へでも共に歩こうと歌う優しさに、アイドルソングの歌詞として満点をあげてもいいとまで思う。
失望に逃げないで」というフレーズも好きだ。
「僕」が本当に「君」のことを大事に想っているのが伝わってくる。

もちろんメロディーも素晴らしい。
オラついたイントロから始まり、全体的にはきらびやかな雰囲気でまとめあげるアレンジがさすが。

 

2.  Belive In Myself

 

EDM色が強い爽やかなナンバー。
嵐が歌っていてもおかしくない、正統派アイドルソング。
メロディーがキャッチーなので、さらっと聴ける。

 

3. Birds

 

ラテンのようなリズムを刻む、アコースティックギターの音が美しい。
こういったJ-POPらしさを保ったまま艶をにじませる雰囲気は、KAT-TUNが最も得意とするところだろう。
雨宿りしてるような この空白の時間さえ 僕らは世界を紡いだ」というフレーズが好きだ。
背徳感のあるロマンティックさ。

 

シングルで3曲+カラオケバージョンの計6曲なのだから、結構なボリュームがある。
KAT-TUNのシングルは一曲ごとに雰囲気が違うので、飽きさせない工夫が感じられて好きだ。

 

 

広告を非表示にする