花岡なつみ「夏の罪」の歌詞は鬼束ちひろ「蛍」っぽい

 

数時間前、だらだらと見ていたテレビ朝日Mステ」で鬼束ちひろの映像が流れてきて、いやはやぶったまげた。

とても今風のナチュラルなお姉さんになっていた。

 

前回鬼束ちひろの姿を見たのが2013年「アウト×デラックス」放送時で、その時はこんなんだったのに…

f:id:iroribatadanngisitu:20150807204409j:plain

 

ただ検索してみるに、2014年の同番組出演時にはもうナチュラルメイクのお姉さんになっていた。私が知らなかっただけのようだ。

f:id:iroribatadanngisitu:20150807204652j:plain

 

作詞作曲提供しているのはこちら。2015年8月12日発売。

ただ曲調をみる限り編曲は「羽毛田丈史」ではなさそう。


花岡なつみ - 夏の罪(Music Video Short Ver.) - YouTube

 

歌詞を聴くと、ああ鬼束っぽいなあと感じた。

どんな果てよりも 貴方は遠い人

どうせ叶わぬなら 夢でさえもなくして」等

どこか「」を彷彿させるような歌詞だった。

 

蛍

その一瞬が永遠だと 貴方は教えてくれた人

愛なんてわずかなものをたよりにした あの夏を

 

 

この曲の初披露となったライブ盤は、個人的神盤である。今でもたまに見返す。

NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS [DVD]

 

アンコールで歌った「月光」が凄まじい迫力。

断言してもいいが、このDVDバージョンを超える「月光」が出ることはもうない。それぐらい凄まじい。興味があったらお手に取っていただきたい一枚である

広告を非表示にする